CRPGまにあ

Age of Wonders III - ランダムマップを初クリア

投稿日:2014/04/12 |  カテゴリー:Age of Wonders III  |  コメント:6  | トラックバック:0
AoW3_2014_04_12_awwgawg9_03_32_304.jpg
後半がかなり忙しかった

初回プレイということで、ランダムマップで始めてデフォルトのルールでプレイしたんですが、敵国4つの中で最後に残ったのがアークドルイドの「ジュリア」という英雄で、中盤辺りでは自国の10倍はあろうかと思えるほど強大な軍隊と化していた為に、これを捌くのはもの凄く苦労させられた。

アークドルイドは戦闘中でもマナが許す限りユニットの蘇生が行えるようで、少数戦闘かつこちらのマナが枯渇しているときに、ゾンビのように立ち上がってこられると倒しきれない状況に陥ることが何度もあった。領土が広がってから手薄になっているエリアを狙って敵の少数ユニットが入り込んでくることが度々あったのだが、そうなると急遽近場の町で迎撃ユニットを幾つか作成して対応することになるのだけれど、「味方1~2ユニットVSアークドルイドの蘇生付き敵ユニット1~2」の戦いは何とも言えぬ歯痒さだった。

AoW3_2014_04_1ffss_48_473.jpg
シャーマンが2体暴れ回りに手を焼いた

本作は英雄が魔法を使うことができるのだが、ローグの魔法は強力な攻撃魔法が存在しないために画像のようなシャーマンでさえ瞬殺することができない。一つだけ「ヘルファイア」という戦場全体を火の海にする攻撃魔法があるけれど、これは味方にまで被害が及ぶために使いどころが難しいのだが、このヘルファイアを2回撃てば敵を半壊させる威力がある。

AoW3_2014_04_1affa14_261.jpg
シンプルな投石マシン

画像のトレブシェットはドレッドノート用とも言えるユニットなんですが、初期から作ることができたし射程が長く威力がそこそこあるために、今回は最初から最後までお世話になった。しかしながら、これらマシン系ユニットは生物のように自動回復しないから扱いが少々難しいという短所があるのだけれど、ドレッドノートだと戦闘中に回復できたりするので、最初から国のリーダーがドレッドノートならさらに使い出があるユニットなのではないだろうか。

AoW3_2014_04_1affwa29_503.jpg
ゲーム開始から最後まで生き残ったユニット

プリーストは「Tier 2」であるからランクがエリートになっても体力や防御力は大したことがないのだけれど、離れた位置からのスピリットレイに、味方回復にディスペルマジックという魔法剥がしなど、なかなか使える能力となっている。

今回は初回プレイということもあり、様々なユニットを作って混成部隊として戦っていたんですが、本作はもっと極端な組み合わせでも十分やっていけるゲームだろう。ローグが部隊リーダーならアサシン系だけ引き連れるとか、サキュバスだけで誘惑をメインにして敵のユニットを奪い取ることを目的としたり、先述した「ヘルファイア」を有効活用するために、英雄リーダーはスキルと装備で可能な限り火耐性を上げて、ユニットは火耐性が元から高いものを選択し、戦闘開始直後にヘルファイア2発又は3発という戦術など、本作はそういった個々の戦い方の幅が他作品と比較してかなり広いものだと感じられた。

2014-04-awgwah00004.jpg
壮観ですな

私がここ数年で深くプレイした Strategy-RPG の一つである「Fallen Enchantress: Legendary Heroes」を例に挙げますが、Legedanry Heroes はチャンピオンのレベルを上げて良質装備でガチガチに固めれば、余程の大物でない限り単騎で無双が可能なゲームバランスなのだが、本作はそういった単騎で半端なく強いというプレイはまず無理ではないかと思われます。ちょっと前に出すぎると強めのユニットでも直ぐに倒されてしまうので、位置取りなどの戦術が深く難しく、そして楽しいゲームでもあるだろう。

AoW3_2014_04afwfaw_284.jpg
次はこれを作りたい

取り敢えず数十時間プレイしたものの、やっとチュートリアルを終えたかといった程度の知識レベルであるから、まだまだ覚えることだらけなのだ。たとえば今回のプレイでは上位の「Tier 4」ユニットを自国で作ることが出来なかったのだが、途中で奪い取った町では Tier 4 のストーンジャイアントを作れたりした。

そんな訳で次は機械に長けるドレッドノートでやってみるつもりですが、難易度は当分デフォルトの「Knight」で十分だろう。開始当初はユニットの数に任せて楽に勝てたりするのだけれど、管理する範囲が広がると頭が混雑してくるゲームであるし、今回はリロードしまくりで何度敗北したか分からないほどだ。というかロード禁止ならクリアできていないだろう。



●ローグで便利だった魔法

・ネットワーク オブ スクーリング アイズ
消費マナ300だから詠唱するのに3ターンほどかかってしまうが、この魔法はマップ全体の敵拠点の位置を明らかにしてくれる効果があり、その町にどんなユニットがいるのかも知ることができる。後半に入るとかなり重宝する魔法だった。

・ヘルファイア
先述している魔法ですが、火耐性を完璧にすれば1部隊で大軍に勝つことができるはずだけれど、敵も火耐性が高いユニットばかりだと効果は期待できない。

コメント

こんばんは

なるほど、こういう具体的なトピックスを書いてもらえるとゲームの雰囲気が伝わってきます(^^)b
どこかのレビューで内政に特化できる英雄が無いと聞いてちょっとガックリ来ましたが、戦闘メインでもさまざまなユニットがあり楽しそうですね♪
自分は近日PCをWindows7へアップグレード予定なのですが、それを機会にAoW3買っちゃおうかなぁー(^^;

Re: こんばんは

>>雅さん

AoW3は、内政に関してはけっこうあっさりしてます。
建設できる施設の種類も少ないし、アップグレードも殆ど無かったような。

設定を下げればIntelの現行内蔵GPUでも十分動きそうですが
最高設定となると2万前後のビデオカードが欲しくなるかもしれません。
今ならGTX760が無難な品で、電力が気になるなら750Tiもありですね。

どうもです~

実は7にアップグレードするに合わせてグラボを中古で手に入れたんですよね。その名も Radeon HD6850 ってこれ AoW3 の推奨のやつで、もうどう見てもお前、買う気満々やないか!!という(笑)でもCPUは既存のCore2duoなので最高設定はちょっと厳しいかなと思ってます(^^;
と言いつつ、近々やらないといけないことが色々あるのでドはまり確実の AoW3 に手を出して良いのかま~だ迷ってたりします...はー早く老後が来ないかなぁ

Re: どうもです~

>>雅さん

ということは準備は万全なんですね。
CPUが2コアの場合の挙動は分からないですが、HD6850は750や750Tiとパワーが同じぐらいだったかな。

私はここ何日か理由があってAoW3をやれてないんですが
このゲームは長く遊べそうなゲームだと思います。

買っちゃいましたー

結局、買っちゃいました(*^^*)予想以上にMoMにソックリで初っぱなからドはまりしました。アークドルイドでやってますが文中に出てきた蘇生って話はユニットにその能力は無さそうなので多分リーダーの回復魔法の事ですよね?今後情報交換させて頂くとするとTwitterがお手軽なんですけどされないのとすると、Steamでそういう機能ありますかね?のんびり気長に楽しみたいと思います(*^^*)ここに来てなかったら買ってなかったかもしれないので感謝です。

Re: 買っちゃいましたー

>>雅さん

ついに購入されましたか。おめでとうございます!
AoW3は内政があまり深くないし、よくよくプレイしてみるとUIの細部が至らなかったりするんですが、部隊を沢山作って多方面で攻防を繰り返すゲームとして見ると、他の同ジャンル作品より良好なバランスかなと思えます。

蘇生の話ですが、壊滅したユニットに魔法エフェクトがかかって、体力半分で起き上がりつつそのターンからそのまま攻撃してくるという嫌な攻撃だったんですが、いずれアークドルイドでプレイしたら試してみたいです。

Steamはフレンド機能がなかなか充実してきているのですが、Steamは一文字のユーザー名では登録できないから私の名前は「S.」になっているんですが、コミュニティから「S.」で検索しても何故か表示されなくて見つけられないようです。

このBlogのSteam Cardをクリックすれば飛べるようになっていますが、http://steamcommunity.com/id/CRPG これが私のプロフィールページですけど、Steamクライアントから「フレンドに追加」を押して頂ければフレンド登録できますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター