CRPGまにあ

英雄伝説4 朱紅い雫

投稿日:2009/04/26 |  カテゴリー:英雄伝説4 朱紅い雫  |  コメント:0  | トラックバック:0
英雄伝説3の感動が覚めやらぬ中、4を始めました。

ファーストインプレッションは、システム的に3より良くはなっているけど、ちょっと道を外れたかなって。「良く」というより、「豪華」という表現の方が適切かもしれない。

戦闘シーンは必殺技などが追加されて見栄えがよくなって、戦闘中や移動時でも回復アイテムを使ったりする必要があるシステムになっていた。英雄伝説3は、お馴染み「やくそう」のようなアイテムが無かったんです。戦闘が終われば全回復し、戦闘不能でも回復。これが素晴らしいストーリーをテンポ良く見せるのに貢献していたわけで、「複雑に」、「派手に」、見栄えやボリュームを求めてそれを投入してしまうと、英雄伝説3での良さが失われる結果になると思う。

英雄伝説3は超序盤~中盤あたりまで、ゲームの目的が不鮮明なまま進みます。ジュリオとクリスが期待と不安を胸に抱き巡礼の旅に出る、巡礼といいつつあの2人は遊びに行く気が満々で、プレイヤーの方まで楽しくなってくるような妙な気分に浸れました。

英雄伝説4はいきなりシリアスな展開に加えて、「妹を探し出すんだ。妹を狙う奴らに立ち向かうんだ」という目標が示唆されていて、そういう面でも普通のゲームだね~という感触があります。

と、書いてみたけど、楽しければこの程度ならどうでもいいことなんだけどね。中盤くらいまで進めば、否が応にもキャラクターに感情移入してしまうのは、今年の国産CRPG連続プレーでよくわかってるから。

そうそう、序盤のやおい風味な展開には大笑い。
画像はじーんとくる場面だけど。

ed420090426a.jpg

システムの作りこみは、キー設定配置変更ができない以外は文句ない仕上がりかな。セーブ画面も1キーで呼び出せるし便利です。ただし、地図を見るのは相変わらず数段階手順を踏まなければダメなかんじで、こういうのはストレスを生む原因だと思う。

CRPGにおいて
・セーブ、又はクイックセーブ
・全体、又は付近の地図を見る

この2つの行為は必要性が高いから、ストレスにならないように、スムーズに1発で行えるようになっているのが理想だと思います。

いずれにしても猫まねきは手放せません。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター