CRPGまにあ

Legend of Grimrock 2 - 本日のひとこま

投稿日:2014/10/31 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
grimrock2_2014_10_3awdwga_026.jpg
両手の烈風拳にしか見えない

予想していた以上に Ruins of Desarune とそこから繋がるダンジョンが深くて手を焼いているところですが、このあたりから敵の攻撃が痛くなってきました。画像の氷の精霊っぽい奴の烈風拳まがい攻撃は極めて危険であるし、巨大ガニのような敵は足を止めて正面から斬り合えないほど痛い。

幸いにも前作同様「4マス内でサイドステップ斬り逃げループ」攻撃が非常に有用な戦法であるから、デンジャラスな奴を相手にするときは少し開けた場所に誘いだすべきだろう。中には機敏な動きでそれすら許さない敵も存在しているが、往々にしてサイドステップ斬り逃げは有効だ。



grimrock2_2014_10_awfawg35_635.jpg
これは有用

とある所に地下の隠し場所があり、Gold Key で施錠されている扉が4つあるのだが、そのうちの1つで画像のロープを入手できる。このロープは落とし穴を安全に下りる為の物で、これさえあれば強引に飛び下りたときの怪我とは無縁になれるし、何より行動範囲が広がるのだ。



grimrock2_2014_10_awfawf_261.jpg
何気ないひとこまに見えるが

本作は松明を掲げても、明かりの魔法を唱えたとしても離れた場所にまでは光が届かないので、仕掛けの類を見過ごしてしまうことがあります。この辺りは怪しいと感じたら、画像のようにファイヤーボールの魔法を撃つと火球の周りが照らしだされるので、そこから道が開ける可能性があるのだ。

投げる動作にも二通りあって、アイテムを投げるときに真ん中より上でドラッグを放すと遠くへ投げる。下の方で放すと、床に置く、又は下へ落とす、といった動作になるんですが、この使い分けはけっこう重要なのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター