CRPGまにあ

英雄伝説5 海の檻歌

投稿日:2009/05/04 |  カテゴリー:英雄伝説5 海の檻歌  |  コメント:0  | トラックバック:0
勢いのあるうちにやっておかないとって事で始めてみたけど、ストーリー色が強いゲームを連続でプレイするのはある意味つらいです。ここんとこ4連続でそういうゲームをしているけど、直前のゲームの感動やら強烈な印象が抜けきらなくてね。

ed520090504a.jpg

システムが似ているのも理由の一つですが、5は再び全てにおいて3寄りに戻ったって印象を受けます。4と違ってゲームの最終目的となりそうな事が一切わかりません。じっちゃんに付き添う形で旅回りの演奏家として各地を回りつつ、じっちゃんの夢の一つ24個の共鳴石を探す旅ってことだけ。

まだ1章に入ったところだけど、ゲームバランスとしては3作の中で最も厳しいような。超序盤の水門の奥ダンジョンなんて、PC88時代の海外ゲームかい!って思うほど毒がつらかったです。

いずれにしても今のところは…キャラクター達に感情移入がぜんぜんできないし「別に普通」が素直な感想です。これは3だと2~3章くらいから、4だと3章から、急激に物語りに没入していった事実があるから大丈夫そうだけどね。

この旅でじっちゃんが死んでしまうような、付き添いわんちゃんも死んでしまうような、そんな気がして心配。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター