CRPGまにあ

Legend of Grimrock 2 - 時が動き始める

投稿日:2014/12/09 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
ありとあらゆる手段を講じてみたものの、一向にあの扉は開こうとしなかったんですが、やっと前に進めるようになりました。本日の分は Legend of Grimrock 2 を最後までプレイした人向けです。


grimrock2_2014_12_awggwa9_075.jpg
言われてみれば、見るからに怪しげな「蛇の杖」

ピラミッドについての言及となると、ピラミッドの入口にあった手紙くらいで、この手紙の内容は「長らくここは閉ざされている。開ける方法は無いかもしれない」という些細なものだった。本作はここに至るまで、それはもう高等な仕掛けが満載のゲームでしたから、この入口を開ける方法もそれ相応の難しさなのだと思い込んでいたことが1ヶ月も悩んでしまった原因の1つだろう。

明かりを消せば月光が何かを示してくれるのではないか。深夜になるとピラミッド前のコブラの彫像が動き始めるのでは。この扉はフェイクで、このエリアの下層から別の侵入経路があるのではないか。川に入って壁を調べればスイッチがあるのでは。コブラの彫像に何かの魔法を撃ちこむのか。ピラミッド前のテレポーターに何かを撃ちこむのか。入り口横の窪みにアイテムを置くのが正解なのか。

それともトリックスターに誘われた「あのエリア」を先に攻略しなければならないのか。あるいは「Kilhagan」の道を辿ればピラミッドに入れるのか。いやいや、もしかしてこの扉はバキュラで、256発殴れば…。それはもう色んなことを試した1ヶ月間でしたが、全てが空回りだった。

そして本日考え方を改めてみたわけですが、入る方法がノーヒントですから、それほど難しい仕掛けではないのかもしれないと考えてみることにした。となると

・手紙があった窪みに何れかのアイテムを置く
・扉の前でアイテムを使う

こういったところに着想してみて、アイテム置き場に戻ってみることにした。この1ヶ月間にアイテム置き場には何度も戻っているが、置き場を2ヶ所に分けていたことが失敗でした。序盤に使っていたアイテム置き場に件の「蛇の杖」を置いていたので、今日までその存在を忘れていたのだ。と言うよりもこの蛇の杖、どこで入手したのか全く記憶にない。

grimrock2_2014_11agwgga7_20_784.jpg
これは手掛かりの1つかもしれない



そんなわけでやっと続きをプレイできるようになったけれど、この1ヶ月間で見落としていたシークレットの類を幾つか発見したり、何をすればいいのか理解できず、放置していた場所の攻略をしたりとそれなりの進捗があったのだ。

・「Forge of the Fallen Stars」と隕石
北西に位置する Hamlet of Stormbreach に「私は左目。隕石が落ちるのを見た」という像があって、南東の Keelbreach Bog に「私は右目。隕石が落ちるのを見た」像があるので、中心の Twigroot Forest か対角線上に位置する Sleet Island に何かあるのではないかと以前から当たりをつけていた。

最初は Twigroot Forest を適当に掘ったりしていたが、対角線上という言葉に閃いて Sleet Island の怪しいポイントを掘ってみたら、そこから隕石を掘り出すことができた。隕石とくれば例のアレであるから、Crystal Mine に戻ってやることをやってみると、なかなか素敵な武器を入手できた。

grimrock2_2014_12awgagwa_576.jpg
Fire Magic 1 がもったいないが、かなりの高性能武器

・Ruins of Desarune の瞑想場
この場所は入ってすぐの段階で瞑想ポイントという札を見ることができるのだが、探索するときは奥から進入するので重要ポイントだということを忘れていた。改めて再探索してみたときに、頂上エリアで少しだけ待ってみたら階下へワープできたようで、その場所で「Dispel Scroll」を入手できた。

この魔法は以前にも述べているおぞましい敵にダメージが通る攻撃魔法なんですが、どちらかというと Energy Point 要らずの Ethereal Blade の方が便利だろう。けれども丹念にプレイしていれば、今回の Dispel Spell の方が早い段階で入手できるものなので、そういう意味ではこの魔法のほうが有用かもしれない。

grimrock2_2014_1afawf4_40_555.jpg
Energy Point 消費は少なめ

・Sewers の隠し部屋
南東水路の奥で鉄格子の向こうにアイテムが見えている場所があって、ここは水路側から入れないので放置したままになっていたが、その直前の場所である床から剣が飛び出してくる場所でスイッチを発見し、ここでは魔法使い用の帽子を入手できた。

grimrock2_2014_12awfawf02_265.jpg
赤丸にスイッチ

・Keelbreach Bog のシークレット宝箱
これは墓場の地下でシャベルと一緒に置いてあった紙片が糸口となるもので、幾つか見当をつけて回っていたら見つけることができたけれど、中身は大した物ではなかった。

grimrock2_2014_afaa1_43_893.jpg
北西の辺り

・同じく Keelbreach Bog のシークレット
このエリアは霧ですこぶる視界が悪いのだが、画像の辺りで飛び道具を用いると突破口を開くことができる。当初は破壊できる植物で遮られているから、それを壊してから仕掛け床を作動させるのだ。

grimrock2_2014_11_awgwag_835.jpg



さてさて、これでやっとピラミッドの探索ができるのだから
続きを楽しんでくることにしましょう。

コメント

No title

おめでとうございます。
その扉が開いたときは「やられた!」という感じで頭を抱えました。窪みに蛇グッズ[複数]を納めるものだと思い込んでいたのです…まさに先入観恐るべし。(既に怪しい記憶によると杖はキノコの辺りに)

Re: No title

>>fwさん

ありがとうございます。
今は内部の攻略中ですが、かなり楽しめてますよ。

キャラクタ全員の装備を剥いで窪みに押し込んでみたり
某ゲームのように靴だけ脱いでみたり、色々やってました。
私はキノコエリアを序盤に攻略していたので、記憶からあの杖が消えていたようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター