CRPGまにあ

Lords of Xulima - トップレベルの古典的CRPG

投稿日:2014/12/20 |  カテゴリー:Lords of Xulima  |  コメント:0  | トラックバック:0
LoX_2014_1awwaw2_55_16_365.jpg
手強いゲームです(難易度Hardcore+Ironman Modeでプレイ)

10時間ちょっとプレイしてみましたが、全てにおいて完成度が非常に高いゲームです。キャラ育成は多様性に富み、物語はしっかりしていて、箱の罠や解錠、そして地形に罠もあり、敵との戦いはシンプルかつ操作性が良くて、世界が広くてグラフィックは温かみが感じられる色合いだ。

「現在の価値観をもとにして作られた古典的CRPG」が好きな人たちが何を求めているのか、それをよく理解したうえで作られているわけですが、開発を行った Numantian Games は手腕が高くてセンスがいいです。

難易度を上げていることと、今のところ10時間ほどのプレイですから確証とまでいきませんけども、手ごたえとしてはかなり高いものがあるのではないだろうか。

ロシア > 東欧一帯 > 欧州&米国インディーズ > 日本の一部のゲーム ≒ ドイツ > 日本の大手 >>> 米国メジャー

上記はここ5年ほどの経験に基づいた私見になりますが、ジャンルをRPGに限定した各国の難度に関してであり、スペイン生まれの本作はロシアと東欧の間に入るか、もしかするとロシアゲーに近いものがあるかもしれない。けれども難易度ノーマルでプレイしなければ本来の姿が見えにくいから、おおよその目安といったところか。



難易度は三段階あって

・Normal
・Old-School Veteran
・Hardcore(Hardcoreでのみ Ironman Mode が選択可能)

Ironman Mode は町でしかセーブができなくなるのですが、これはゲームの性質が激変するほどのスパイスになります。重要なスキルやスペルが変わってきますし、戦略自体が別のものになるのですが、本作の難易度Hardcore+Ironmanモードは火が出るほど難しいのだ。

基本的にゲームを始めたら難易度を変更することはできませんが、下げることのみ可能であり、「ここは難しいから取り敢えず下げて、後で上げて」のようなイカサマくさいことが出来ないシステムで、システム上からこういった気配りができているゲームは非常に好印象だ。日本だとナインテイルがここらの作りがずば抜けて良く出来ていますが、このようなCRPGが好きな層は「挑戦」がしたいのですから、一般的な「ロールプレイ」に重きをおいたRPGとは別の手段が必要になるわけです。

LoX_2014_12_18_awggwaw38_510.jpg
キャラビルドはほんの少しだけ Hack and Slash な味付け

スキルの種類を大別すると、戦闘、知識、魔法、になりますが、基本的に魔法以外のスキルはレベル30まであって、一般的な魔法はレベル5までとなっている。レベルアップ毎に1レベルずつ上げられる仕組みだが、これがなかなか奥が深いのだ。

よくあるスキルツリー形式の Hack and Slash と違って将来覚えることが可能になるスキルや魔法が見えないから、ファーストプレイの育成はかなり頭を悩ますことになるだろう。

武器は何を使っても十分に有用だろうし、アーマースキルは「防具の重量制限を緩和する」効果だから各クラスで差はないが、無いと言っても防具にまでスキルポイントがまわるのは戦士系くらいだろう。

属性による得手不得手はあるが魔法は好きな属性の攻撃魔法を上げればいいし、「ここは3ポイントでこっちは全力30ポイント」といった Hack and Slash でのビルドみたいな感覚に近いのだ。

LoX_2014_12_1awggaw_48_058.jpg
ピッキング(これは易しい解錠)

解錠はそれなりによく出来ているといった印象ですが、町でしかセーブができない Ironman Mode だとこれら全般の性質まで変化します。失敗が続いてロックピックを失っても事前状態へのロードはできないし、奥地まで進んで強敵を何とか倒したあとに、難度が高い箱が出てきたらそれも困りものなのだ。

LoX_2014_12_2awgg0_15_44_44_136.jpg
フォーメーションがけっこう重要

事前に配置を決めておくことはもちろん、戦闘中に何度も場所を変える必要があるだろう。これらの操作もワンクリックで行えるから便利に作られている。空きが2つあるのは Divine Summoner の召喚生物用ですが、召喚したら倒されるか制限時間がくるまでは出っぱなしになるので、かなり強いのではないだろうか。

今回は難しいルールでプレイしているから育成方法やパーティー編成についてまだ思案中なんですが、最初のファーストプレイは治療するお金がなくなって一度詰んでいます。その次のプレイで何とか波に乗ってきたところですけれど、Summoner を入れてやり直したいな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター