CRPGまにあ

Lords of Xulima - 次なる選択

投稿日:2014/12/31 |  カテゴリー:Lords of Xulima  |  コメント:0  | トラックバック:0
LoX_2014_12_2awfaw50_15_965.png
こやつも厄介な敵

Tower of Melancholy は塔といっても実質的に1レベル分の広さしかないエリアでしたが、そこそこの仕掛けと僅かな数の敵が待ち受けていた。「僅か」とは言うものの、画像の蜘蛛は物理攻撃時に病気を食らわせてくるタイプで、治療費が高いからまさに命がけなのだ。

LoX_2014_12_2awfwa8_03_960.jpg
赤丸はスペランカーポイント

画像の場所より前に、ドクロからそれらしいヒントが得られるんですが、血だまりを歩いてしまうと罠が発動してパーティー全員が即死してしまうのだ。恐らくここらのダメージも難易度によって高まっていそうだけど、町でしかセーブができないから本当に気が抜けない。赤丸の辺りは上手に端を通らないと、スペ体質気味に昇天してしまう。

LoX_2014_12_2awf_51_44_718.jpg
これくらいでは

ここは彫像の向きを変えると2つの通路が開くタイプの仕掛けだが、この程度では今の私には赤子同然だ。別世界の話になるけれど、つい先日まで最高のギミックゲーを遊びつくした後ですから、仕掛けの類は余程のものがこない限り突破できるはずだ。

仕掛けといえば、ここに至るまでに謎々っぽいイベントが一つだけあったんですが、属性に関係している解答だろうと目星をつけ、それをこの世界の属性に置き換えたらあっさりとクリアできた。

LoX_2014_12_waffwa_54_23_899.jpg
このスキルブックは嬉しい

このゲームはエリアに入ったらアイテムドロップが固定されるものと、コンテナを開けた瞬間にランダムで決まる2つのタイプがあるようですが、ドロップ品の中でもスキルブックは嬉しいものだろう。しかしこのあとスペランカーポイントを踏んで全てが無になってしまい、再び挑戦したときは安いポーション1つに変わってしまったとさ。

LoX_2014_12_3awf_12_31_207.jpg
アーティファクトを入手したものの

この場所では塔の番人らしいゲイザーが宝を守っていたんですが、ドクロのヒントから推測するに、戦わずにクリアする方法があるのかもしれない。私は分からなかったのでそのまま戦闘という手段を選んだけれど、ヒットポイント340で全体狂気攻撃があるからけっこう苦戦したのだ。

ちょうどこの時はレジストが上がるNPC有料ブレスだけ掛かっている状態でしたが、呪いの襲撃狼2匹に比べたらまだマシな戦闘だった。



LoX_2014_12_31wfafwa1_25_21_153.jpg
あの野郎との戦闘に突入直後。右の行動順がポイント

本当に襲撃してくる呪いの狼2匹には苦労させられている。というよりもHardcore序盤においては死活問題なわけですが、現段階で戦って勝つためにはNPC有料ブレスを幾つか掛ける必要があることと、戦闘後の呪いの治療が一人につき200ゴールド掛かるから、1回の襲撃だけで限りなく「詰み」に近づいてしまいます。

それならば、もっと強くなるまでは某物語の主人公が得意とする「とっておき」の「戦闘開始後に逃げる」を選択し続ければ何とかなるのではと以前から考えていたものの、逃げる前に殴られて呪いのお持ち帰りという被害がでてしまう。

画像はNPC有料ブレスを「Speed」のみ掛けてもらった状態ですが、ブレスは+5ですから、レベルがあと5から6上がれば逃げ続けることができるのではないだろうか。

そんなわけでもうちょっと食い下がってやろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター