CRPGまにあ

Lords of Xulima - フード天国「Nabros」

投稿日:2015/01/05 |  カテゴリー:Lords of Xulima  |  コメント:0  | トラックバック:0
Hardcore+Ironman Mode という厳しくも楽しいルールでプレイしている本作ですが、これまではフードが減ってきたら1日分だけNPCから購入して、移動中に食物や果物を取って食い繋いでいた。Velegarn村は周りに4ヶ所フルーツがなっているポイントがありますから、1日分購入後に4ヶ所まわってそれから攻略にという使い方をしていたけれど、Nabrosの森ならもっと効率良くフードの補充ができるのだ。

LoX_2015_01_0awfaw8_29_589.jpg
オレンジの丸がフードポイント

北西のポータルを出て4つ、城で3つ、西側で5、南で3、南東で1、森の中で13。この順でまわると効率がいい。もちろん Nabros を攻略して敵が枯れていることが前提での補給コースですが、実際にやってみるとこれくらい貯まります。

LoX_2015_01_awf8_42_056.jpg
分かりやすくまずはフード無しにして

LoX_2015_01_0awf42_42_363.jpg
全てフードを取ってきた状態

Hardcore でのフード貯蔵上限である4日分には届かないけれど、NPCで1日分購入後にこれを行うと上限になるはずだ。短所としては、また実が成るまでに3日かかることですが、貯まった4日分でその3日間は食い繋げるだろう。



フードの減り方にどれくらい影響があるのか分かっていませんが、Gaulen の Knowledge of Terrains スキルレベルが「13」のときに試しました。走っている間もフードが減るからね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター