CRPGまにあ

英雄伝説5 海の檻歌

投稿日:2009/05/11 |  カテゴリー:英雄伝説5 海の檻歌  |  コメント:0  | トラックバック:0
第6章まで進みました。
たぶん次あたりが最終章?なのかな。

英伝5に限らず、ガガーブシリーズってテキスト量は多くてイベントも豊富で、一本道ゲームなんですが物凄くボリュームがあると思います。私の場合は3作続けてプレイなんで、合計100時間以上はいってそう。

英伝5は「3と4と比べるとパンチ不足かなー」という進行の中、懐かしい顔ぶれやあの子たちも出てきて、ある意味そっちが本命みたいなかんじ。でもこういうのってやり過ぎると主役を食ってしまうから問題だね。現にフォルトとウーナはすごく大人しくて存在感が薄いし、そこへ前作のあの2人が登場してきたら、ファンならそっちに気が行ってしまいそう。

というかこのシリーズってストーリーが命なんで、ふとこのブログにたどり着いてしまった人にダイレクトネタバレになりそうなのが非常に申し訳ないです。プレイ済みの人とか今後も絶対にプレイしないって人ならいいんだけど、それでもふと気が変わってプレイする機会ができるかもしれないしね。

海の檻歌をクリアしたら、この3作は左のリンクを押しても即ネタバレにならないように工夫してみようかな。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター