CRPGまにあ

Pillars of Eternity - 第一印象としてはかなりの上物

投稿日:2015/03/27 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:2  | トラックバック:0
PillarsOfEternity_2015awgag33_334.jpg
UIやフォントサイズで苦悩しがちなPCゲームでこれは有り難い

ついさきほど起動できるようになったから早速試してみたんですが、ユーザーインターフェースの作りは良し。オプションで設定できる項目が多岐に渡り、なおかつフォントサイズの変更ができるなど、痒い所に手が届くシステムになっています。

フォントサイズのデフォルトは100%で、最小の70%から最大130%までサイズを変えられ、システムで保証された設定ですから最大の130%にしてもUIの枠をはみ出したりしないようです。

PillarsOfEternity_20aw03_729.jpg
最近の私が魅了されるもの。これだけで好印象なのだ

本作の祖先とも呼べる Baldur's Gate シリーズは相当古いゲームですから、難易度設定に関しては緩めとなる「いつでもどこでも変更可能」という在り来りなシステムでしたが、本作は近頃のPC用RPGらしくルールを決めてからプレイ開始となる。

ざっと調べてみたところ、Easy から Hard はプレイ中に変更可能であるが、最高の Path of the Damned を選択すると難易度固定となるようで、「正直な挑戦」が行えるゲームになっています。

Trial of Iron はこの手のシステムでは最も厳しいものであり、パーティーが全滅するとデータが消去されるシステムのようですから、初回プレイは Normal でプレイして、もう1回プレイしたいなら「Path of the Damned + Trial of Iron」で最上のスリルを味わうとか、そういった楽しみ方も可能だろう。

PillarsOfEternity_201awgaw47_821.jpg
どこを切り取ってみても「Baldur's Gate」の香りがしてくるようだ

これまでに「Baldur's Gate の精神的後継作」とか、「Baldur's Gate に近いもの」だとか、ここ十数年でそういった作品が幾つか世に出ていますが、本作こそ Baldur's Gate の血を色濃く受け継いでいるゲームだろう。

マウスポインターはそのまま Baldur's Gate で、地面をクリックする移動時のかけ声もそのまま Baldur's Gate であり、往年の Bioware の世界に浸りたい人にとっては願ってもない作品になるかもしれない。

コメント

No title

能力値の決定がIWD2のようなポイント購入方式で正直助かりました…。

Re: No title

>>fwさん

このゲームは覚えなければならないことが多くてけっこう大変ですね。
さすがに今回はいきなり最高難易度+アイアンモードは危険すぎの予感。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター