CRPGまにあ

Pillars of Eternity - 難関ルールで序盤の強敵を撃破

投稿日:2015/12/07 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:5
●パス・オブ・ザ・ダムド
●エキスパート・モード
●トライアル・オブ・アイアン
でプレイ中。主役キャラは月のゴッドライクのウィザード。

PillarsOfEternity_2015_12_0wg12_08_55_065.jpg
これは使えるポーションです

昨日の続き。最も過酷なルールで再出発した Pillars of Eternity ですが、前回のプレイでAct2の最後の方まで進んでいるから、どこの戦いが危険なのかはよく分かっているつもりですが、デファイアンス・ベイに入るまでに最も大きな戦いとなるのは「レアドリック戦」と「マーエワルド戦」になるだろう。

レアドリックの方は現段階でのクリアが必須ではないけれども、あの場所は敵の装備を売って大金を得ることができるから、マーエワルド戦の前にクリアしておきたかった。そしてもう一つはデファイアンス・ベイに入るためには避けて通れないマーエワルド戦だけれど、敵の数は少ないが難易度 PotD であの強力な攻撃魔法を食らうと1発で倒される可能性があった。

PillarsOfEternity_2015_12_0wddw7_55_411.jpg
レアドリック戦。ここまできたら既に勝負あり

前回プレイの初戦では、レアドリックの玉座の斜め後ろに陣取って大敗を喫したが、その次は画像のように扉の所で戦って勝利したので、今回も同じように予め後衛クラスを配置しておいて、ファイターで上手く釣ってきて有利に戦うことができた。

敵を引っ張る前にファイターは戦闘中でなくても使えるフードなどを幾つか貪ってから行動を開始して、その後は回避ポーション、プリーストのダメージ耐性+4などで万全を期して挑んだけれども、ここは敵の数が多くて殴りが強烈だから気絶寸前まで追い込まれてしまった。

回復ポーションとプリーストの回復魔法で何とか凌ぎつつ、チャンターの3チャントが経過したらファントムを召喚してそこから徐々にこちらが有利になってきたけれど、ダブルウィザードのチル・フォッグ6連漬けもかなり効いていただろう。

3チャント後のファントム召喚の前にファイターが倒れると総崩れになるから、そういう理由もあって早くパラディンのパレンジーナを迎えに行きたい。回復もできるアタッカー兼サブのタンクとして優秀なパラディンだけれど、次は前回と違って盾持ちにしてみよう。

PillarsOfEternity_2015_wawa_25_23_251.jpg
このゲームの魔法のエフェクトはけっこう派手だ

前回プレイの初戦は辛酸を嘗めさせられたマーエワルドですが、今回はその正体が分かっているから1枚目の画像のポーションを人数分用意してから挑んでみました。このポーションは戦闘中しか飲めないから開始早々に飲むと一手遅れてしまうことになるけれど、これが有ると無しでは魔法の痛さが全く違うものになるだろう。

レアドリックの砦で稼いだ分でアニマット召喚のホーンを購入してから挑んだんですが、このホーンは5000ゴールドしたがその価値は十分過ぎるほどあって、すぐにお釣りが来るほど使えるものだろう。

PillarsOfEternity_2015_12_awffwa13_34_210.jpg
持ち金が半分飛んだ

特に今回は難易度PotD+死んだら終わりトライアル・オブ・アイアンモードでのプレイだから、万全を期すために早めに召喚アイテムが欲しかった。マーエワルド戦は前回プレイでの悪戦苦闘が嘘かと思えるほどあっさり勝つことができたけれど、あのポーションを準備していなければ今頃セーブデータが消滅していたかもしれない。

PillarsOfEternity_2015_12ddw_27_14_889.jpg
やっぱり怖くなって体力に振り直した

途中までとはいえAct2までプレイした経験が有効に働いているわけですが、もしもAct3に入る段階まで辿りついたらそこからは未知の領域となる。嬉しくもあり怖さを感じることでもあるが、何としても到達してみたい。

コメント

No title

トライアル・オブ・アイアン
試しに、などではなく、本格的に始めてしまうとは…。

ブロンズホーンの存在をすっかり忘れていましが、そこでパラディン用の盾も売っていますね。
ヘラルドが付いていて、Diablo2を連想した事を思い出しました。

Re: No title

>>fwさん

youtubeの外国人プレイ動画に触発されて始めてしまいました。
動画で先にバレを見たくないから序盤しか見ていないんですが、全て有効ルールのPotDローグのソロで進んでいるのを見つけて、あれはすごい内容でした。でもあれは仲間がいるとできない戦法のようですが、色んな戦い方がありますね。

そういえば今回の再出発であの盾の存在を知ったんですが、価格が安いのに良い性能ですね。オーラの範囲は狭いけれど全ての防御力+5がすごくいいし、回避力は早速エンチャントで強化して使ってますよ。

No title

毎度ながら素敵なチャレンジをされていますね。PoEは購入せねば、と思いつつ中々プレイに時間を取れず二の足を踏んでいます。Sさんの日記を見て楽しみつつ、いずれ時間が取れたときにチャレンジしたいなと。

以下はPoEの話題ではありませんが…
以前Sさんの楽しそうにプレイされている記事に寄せられるかの様に私も嵌まったKing's Bountyなのですが、King's Bounty Legendにどういうわけか昨日日本語が公式によって追加されたようでして、このままArmored PrincessやCrossworlds、Warrior of the Northにも日本語が公式に追加されるのか、と期待しております。
という報告を。ご存じであれば申し訳ありません。

PoEをいずれ無事突破される記事を楽しみにしてます。
では。

No title

ローグ1/6見ました、本当にすごい内容ですね。
スニークがあそこまで使えるとは…。
キラント・リズを抜けるまででも、目を疑いました。

チャント範囲拡大とか、クラス専用装備は安価な割に、優秀な物が多いですね。詠唱回数+の品はさすがに高価ですけど。

Re: No title

>>TATsさん

Lords of Xulimaも良いゲームでしたが、こちらは過去の良作開発に携わっていた人達が作っているゲームなので、中身は一級品です。それと日本語化もあるからプレイが捗りますよ。

昨日Steamフレンドさんの画像アップで私もLegendの件を知ったんですが、Legendは以前にZooさんが日本語版を出してますけど、どういった経緯でこのような形になったのか謎ですね。パブリッシャーが1C Companyになっていますが、1CとかParadoxなどのマニア向けメーカーが日本語に力を入れてくれたら有り難いんですが。

関係ない話ですが、久々に1C品を調べてみたら
http://store.steampowered.com/app/389250/

これの2作目があって驚いています。
リリース年が変だし言語がロシア語のみという異常事態ですけどね。


>>fwさん

PotDだと最初のエリアの3戦でさえうっかりしていると負けてしまいますからね。私は飛ばしつつレアドリック戦とマーエワルド戦、さらにヘリテージ・ヒルの精霊小ボスとの戦闘を見ましたけど、ほんと驚きでした。見所としてはレアドリック戦は正面から1人で話しかけて戦闘開始でしたけれど、5人でもそれをやると普通に死ねるのに…

クラス専用装備といえば安価な部類にレンジャーの混乱などを防ぐ首飾りがありますけど、最近は混乱と支配の怖さを痛感しているところです。と言うよりもあのローグソロの人がどうやって混乱支配地獄を突破するのかいずれ見てみたいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター