CRPGまにあ

Pillars of Eternity - 信仰カエンのプリーストソロ開始

投稿日:2016/01/09 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:2
●パス・オブ・ザ・ダムド
●信仰カエンのプリーストソロ
でプレイ中。

PillarsOfEternity_2016_01sss30_52_542.jpg
非道と欺瞞を貫き通す(ソロで有利な月のゴッドライク以外にしてみた)

ソロプレイを色々と試してきたけれど、強くて面白くて初ソロプレイにお勧めなのはウィザードだと思いますが、ウィザードはソロでこそ本来の力を発揮できると言っても過言ではないだろう。パーティプレイだとフレンドリーファイアを気にして思うように攻撃できなかったり、高難易度での6人パーティプレイだと防御や強化スペルなどが優先されて、各レベル毎のスペル記憶制限「4つ」全てが補助系で埋まりがちであるから、そういった事を気にせずに思い切り攻めていけるソロでこそウィザードの真の力が開花するのだ。

今回選択した信仰カエンのプリーストは、前回のサイファーに続きソロでは地獄のようなプレイ感覚を味わっているところですが、デファイアンス・ベイに到着した後は何とか軌道に乗せることができた。

プリーストのみ主人公キャラクタに設定すると5つの信仰が重要になってくるわけですが、今回はカエンですからプレイ・オン・ウィークという技能を習得できるようになります。なお且つ画像の表示にあるように、カエンは好ましい気質が「欺瞞と非道」で、好ましくない気質が「慈悲と攻撃的」になっていることが分かるはずですが、会話での選択で欺瞞と非道を演じ続けてその2つの名声が上昇していけば、ホーリーラディアンスの効果が増すという特性があります。

逆に好ましくない気質の名声が上がるとホーリーラディンスの効果が下がっていくようですが、その信仰を揺るぎないものとしてマイナス補正を無視できる技能を取ることもできるけれど、できれば性能的にもロールプレイの観点からしても、信仰にそって行動する方が面白くなるだろう。

PillarsOfEternity_2016_01_0sss_49_29_536.jpg
近接プリーストにするしか

現状は小剣及びクラブの二刀で進んでいるわけですが、はっきり言って難易度PotDソロプレイでの、近接向きではないプリーストによる二刀小ダメージ攻撃は弱いです。恐らく前回のサイファーよりも弱いのではないかと感じているけれども、高レベルになるとプリーストは有効なスペルが増えてきますから、最終的にはサイファーよりも楽になるのではないかと予想しています。

特にレベル5までは有効な攻撃呪文もなく、耐性上げや命中とダメージ上昇という強化スペルはあるものの、その効果時間と詠唱にかかる時間を考慮するとそれほど有効に事が運ぶものではないですから、ソロプレイの序盤は最も苦労するタイプの信仰カエン二刀プリーストであるだろう。

しかしながら、多くのクラスが苦戦するファントムだらけの城塞の広間を突破することにかけては、恐らくトップレベルの性能ではないだろうか。プリーストはその段階で入手できる唯一の召喚アイテム「アニマット」とLv1呪文「ウィズドロー」を用いて100%の確率で戦闘を回避できるのだ。

PillarsOfEternity_2016_01_0asfa_252.jpg
世にゲームは数多くあれど、その中でもこの場所の地獄指数は相当高い

そのままウィズドローを使うとファントムやシェイドが戻り切る前に強制的に効果が切れて再び戦闘に突入してしまうから、このような形に持っていけばアニマットが倒された瞬間に戦闘が終了して本体のプリーストは自由に動けるようになります。



と言うよりもただ漠然と紹介するだけでは中途半端であって、この場所は「最低でも隠密5」必要であるし、事前準備として各地でマジックアイテムを漁ってそれを売る資金工面の段階でも、レアドリックの砦に戦闘せずに侵入するには「隠密最低4」必要だったりと、ここらも含めて解説せねば意味がないことなんだけれど、それをやると私が知識を得た「某春動画」の模倣になってしまうからどうすべきか迷ってしまう。

バッググランドの職業が毎回「放浪者」になっていますが、これにも大きな意味があって他だと上手く事が運ばないのだ。そういったポイントも含めてPotDのソロプレイでデファイアンス・ベイに入るまでを書いてみようかな。

コメント

No title

おはようございます。
今度はプリーストですか。イバラの道を行きますね(笑

しかしアニマットにそんな使い方があったとは!
あの難所を抜ける切り札になるなんて、きみにも生まれてきた意味があったんだね、アニマット。いままで心のなかで「役立たず」って呼んでてごめんね。「カネ返せ!」とかおもってごめんね。

あ、ウィズドローも「ナニコレ。よくわかんないから使わなくていーや」と思ってました。

それはともかく、何周も遊ぶとBGのSCSのように6人パーティーを使って全力で戦えるMODが欲しくなってきます(あれをソロでクリアする強者もいるようですが…)。

ホワイトマーチで難易度上がるのかなぁ。
セールで値下げされていたら買っちゃってたと思いますが、値下げよりもファックさんが日本語化を終えられる方が早そうなのでワクワクしながら待機中です。

Re: No title

どうもです。
最初はめちゃくちゃ弱かったプリーストですが
Lv3と4の攻撃スペルを使えるようになってからは楽になってきました。

ウィズドローとアニマットであの形で抜けられるのなら、ローグも同じことをやれば完全回避できそうですね。3日の名無しさん動画の城塞広間右下食い込み戦術で何とか勝負することはできるものの、小技で抜けられないクラスにとってあの場所はどうやっても鬼門ですね。

BGのそのMODはプレイしたことがないんですが、ソロでやり込み続けていると難易度PotDのもう一つ上が欲しくなりますね。そういえばロード中の表示で「難易度PotDとDLCホワイトマーチで」云々というのがありますが、DLCだと難度が上がるのかなと考えていました。そのままDLCパスを買っても2480円だから安いものなんですが、気分的に10% 33%オフとかになってから購入する予定でいます。来月ホワイトマーチ2が出るようなので、そこで第一弾の値下げが来るかなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター