CRPGまにあ

Pillars of Eternity - ソロプレイ序盤の難関「マーエワルド戦の容易な切り抜け方」

投稿日:2016/01/12 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:0
●パス・オブ・ザ・ダムド
●各クラスのソロプレイ
での話です。

難易度最高のパス・オブ・ザ・ダムドかつソロプレイだと、有能で早熟タイプのクラスでないと上手く立ち回れないマーエワルド戦だけれど、この方法なら如何なクラスやビルドであっても楽に先へ進めますし、それこそレベル1のキャラクタでも何とかなるだろう。

容易な倒し方ではなく、「切り抜け方」になっているところがポイントです。



1. 会話が終了して戦いが始まったら扉の外へ出る
室外で戦うことはソロでのマーエワルド戦における常套手段ですが、開幕でマーエワルドがチル・フォッグを使うと敵の精霊ブライトがその範囲に巻き込まれて動きが止まってしまうことがあります。最初の目的は「敵を全て室外へ誘い出す」ことですから、チル・フォッグの効果が切れるまで待つか、或いは仕切り直しの方が早いだろう。

PillarsOfEternity_2016_01_1ssss53_991.jpg
マーエワルドとブライト3体が連なっている

2. 左下部屋のウッド・ビートルと右下部屋のスピア・スパイダー
左下の部屋には強めのストーン・ビートルが混じっているウッド・ビートルの一団がいて、右下の部屋にはアイボリー系が混じっているスピア・スパイダーの一団がいるわけですが、今回の趣旨は「マーエワルド一行を弱肉強食の世界へ誘おう」であり、このどちらかの甲虫かクモ一団に協力してもらうことになります。

PillarsOfEternity_2016_01_afafw2_57_620.jpg
これくらいのタイミングで黄色い丸まで進む

3. ウッド・ビートルにターゲットされたらすぐに戻る
左下部屋にいる約7体ぐらいのビートルがわらわらと付いて来ますから、マーエワルド一行の右側を迂回するように上へ回りこむ。

PillarsOfEternity_2016_01sss_53_06_129.jpg
ウッド・ビートル先生が着任です

4. ビートル全てのターゲットがマーエワルド一行に移るのを確認する
今回の画像では調子に乗って右下のスピア・スパイダー一団まで連れて来ていますが、どちらか1つの一団で十分方が付きます。自分のキャラクタが敵にターゲットされていないことを確認したら、矢印の方である部屋の中へ逃げ込みましょう。

PillarsOfEternity_2016_0fawfaw_35_993.jpg
既にブライトは2体倒されている

5. 部屋の隅で待つこと数十秒

PillarsOfEternity_2016_01_1sss13_968.jpg

6. 戦利品を分捕るのを忘れずに
戦闘が終わると甲虫とクモの一団は元の場所へ戻っていきますから、安心して戦利品を取りにいけます。

PillarsOfEternity_2016_asdsa05_54_32_316.jpg
後は美味しくいただこう

この段階でのキャラクタは「レベル4」が限界ですけれど、助太刀してくれた甲虫一団よりも、マーエワルドの方が苦戦します。けれども相性というものがあるからか、甲虫VSマーエワルド一行は甲虫に分が有りといったところなのだろう。

ソロプレイでの信条は不正技以外なら如何なる手段を用いても先へ進むことにありますから、弱肉強食の世界におけるこの戦法も恥じることはないのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター