CRPGまにあ

Pillars of Eternity - レベル12より上の戦い

投稿日:2016/01/27 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:6
●パス・オブ・ザ・ダムド
●DLC Part I 有り
でプレイ中。

・ファックマン氏の日本語化ファイルページヘリンク
(1月22日にDLC Part Iの完訳日本語化ファイルもリリースされています)

PillarsOfEternity_2016_01ww4_429.jpg
火力を追求した死のゴッドライクウィザード

新たに6人パーティで最初からやり直している Pillars of Eternity ですが、DLC Part I 入りだとレベル12になってもさらに経験値が貯まっていくので、新鮮な気持ちでプレイできています。ソロプレイではなく6人パーティプレイだから各地域を虱潰しに回っているわけですが、本編のコンテンツを全て終えてから DLC Part I に挑む予定であるから、現状は初プレイ時に最後まで進まなかった城塞地下に取り組んでいるところです。

PillarsOfEternity_2016_01_www4_964.jpg
まともに戦うとキチ○イだらけになる敵(この辺りの奴らはいいモノを持ってます)

今回育てている死のゴッドライクウィザードの狙いは「可能な限り火力を高める」ことにあるわけですが、本人の命中力が各スペルに適応されるかどうかが不明瞭だけれど、これまでとは違って速度よりも命中を高める方向性にしてあります。

技巧10と15の違いはアーマーのリカバリースピード「15%」に等しいようで、その程度の差ならと速さよりも命中力を優先したわけですが、命中が高ければグレイズがヒットになり、さらにはクリティカルになる確率が増すから結果的に今回の方が高い火力になるのではと考えていて、オマケに妨害屋としても有能だろう。

PillarsOfEternity_2016_01_fff7_28_814.jpg
これに加えてデス・アッシャー

・デス・アッシャー
・ブラッディ・スローター
・シークレット・オブ・ライム
・スピリット・オブ・ディケイ
・装備の呪文ダメージ+10%
・高い気力と知覚と智力

これで凍結及び腐食ダメージの攻撃スペルを撃てばほぼ最大ダメージになるだろうというビルドですが、今回ここまでプレイして強力だと感じたものは

PillarsOfEternity_2016_0www0_113.jpg
これ1発で戦局が変わるほど使えるスペル

表記にはありませんがネナガウスの氷柱はフレンドリーファイアが無いから乱戦で使いやすく、デス・アッシャーとブラッディ・スローターは敵の耐久力が低下した時に効果を発揮するので、継続タイプのDoTに該当するこのスペルと相性が良いのだ。

他にも有効だと感じたDoTを列挙してみると

1st Spell : チル・フォッグ(凍結)
2nd Spell : レイ・オブ・ファイア(炎上)
4th Spell : ウォール・オブ・フレイム(炎上)
5th Spell : ウォール・オブ・フォース(殴打)
5th Spell : ネナガウスの苦悩(凍結)

ウォール・オブの2つは一見すると非常に使いにくいスペルに思えてしまうが、戦闘中に場が動かなくなって位置が決まったときに、強敵相手に重ねがけをするとかなり効果的でした。

ネナガウスの苦悩はビームタイプのフレンドリーファイア有りだから用途が限定されそうだけれど、5thだけあってダメージが相当高いので、これも氷柱と同じく「これ1発」で戦局が変わるほどの能力を秘めているだろう。

現行仕様の本作は敵そのものに入れるタイプの呪文を重ねがけすると「サプレスト」扱いになり、そのうちの1つしか効果が出ないけれど、上記のような地形に残るタイプは出した分だけそのままダメージが重なるから、これらDoTは優秀だと感じます。

コメント

No title

こんばんは。

呪文に関しても命中力は武器に左右されるみたいです。
ちょっと前にアドラさんをしばいたときに気づいたんですが、両手持ちのロッドなんかを持たせるよりもダガーなんか(命中力+5)の片手持ちにしてしまえば素の状態でも15以上の差がつきますからかなり有利です。
そのあたりはジャーナルでご確認いただけるかと思います。

それにしてもウォール・オブ・フレイム。
わたしゃこれゴミスペルの筆頭だと思ってました(笑
ネタバレを避けるためにぼかしますが、凶悪な強さであることに気づいたのは最後の最後です。

Re: No title

どうもです。
ということは、ダメージ、命中力、妨害、の表示がされている武器の命中が呪文にも影響があるんですか。命中力にカーソルを合わせるとツールチップが表示されますが、どちらとも取れる内容ですからね。

アドラといえば昨日初めて対戦しましたけど、何度か挑戦して勝つには勝てましたが、とんでもない強さでした。何の策もなくそのまま奴の眼前に出ると、ブレスで全て消滅させられるような破壊力でした。

ウォール・オブはDLCで追加される3つめが7thスペルにありますが、攻撃のフレイムとウォールは30秒出たままになるから使い易いですね。

No title

たたた大変申しわけないです。
武器が呪文の命中に影響を与えるというのは壮絶な勘違いでした。大嘘です。デタラメです。
今確認してみたところレベルにより完全に固定でした(エルドリッチ・エイムやウォーペイントの補正は乗りますね)。
いったい何をどう勘違いしたのか自分でもわかりませんが、いい加減なことを書いてしまってすみませんでした。

アドラさん、初めて対戦したときはかなり苦労しました。
散々悩んだ末にウォール・オブ・フォースで足止めしてアークウィバスで撃ち殺しましたが、安定した倒し方ってあるんでしょうかね。

ウィザードソロで倒す動画もアップしていたんですが、「武器が呪文の命中に影響を与える」というとんでもない大嘘が書かれていたのでいったん削除しました。
ハンドルを嘘つきに変更したい気分です。
本当にしょうもない書き込みを失礼いたしました。

Re: No title

ツールチップ情報の最後に「レベルによってボーナスが」ってありますから、スペルに関してはそれが正解でしたか。ということは15秒という短さですけどエルドリッチ・エイムはかなり優秀ですね。

アドラは昨春の外国人動画で、レンジャーのブラインド・ルーツが1発で命中して40秒とかありましたが、試した限りでは今はもう入りませんでした。レンジャーといえばレベル13で矢が2本になって、状況次第ですがイトゥマークの殴りはかなり高ダメージですから、DPSに関してはトップクラスですね。

動画はまた何かあれば見てみたいです。

No title

たびたびすみません。

あれからもう少し試してみたところ、ウォールオブ○○やLV7のでっかいハンマーなど、ごく一部の呪文は片手に武器を装備しているか両手に武器を装備しているかで命中が変化するようです。
ただ、しっかり検証していませんし、また得意の早とちりかもしれませんので「あっそー」くらいに思っておいていただければと思います。

別記事のお話ですが、イトゥマークはすぐ気絶しちゃって運用しづらいですけど、攻撃力は結構高いですよね。

スカイドラゴンに初めて挑んだとき、相手を瀕死まで追い詰めたもののこちらも壊滅状態になってしまい、勝負を投げてやぶれかぶれで「全員選択→突撃」したところ、画面外に避難させていたイトゥマークが走ってきてスカイドラゴンにとどめの一撃!ということがありました。
うちのエディールもたいそう喜んでいました、たぶん。

Re: No title

武器によって命中が変化するのならそれは検証してみる価値が大いに有りですね。
やり込む度に色々と見えてきますが、本作は戦闘の奥が深くてほんと面白いです。

イトゥマークをテイクヒットで守ることによって、エディール+イトゥマーク+サガニによる単一への攻撃が安定しつつ高い威力になりますから、以前よりも強くなったのが体感できています。

スカイドラゴンもブレスが強烈でしたが、レンジ12メートルのサガニにはブレスが届かなかったので、あのブレスはレンジ10Mくらいなんでしょうね。それはそうとアドラの方は人に乗り移りイベントなどもあって、こちらはイベント限定の技能がゲットできて美味しかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター