Pillars of Eternity - エディールとイトゥマーク

PillarsOfEternity_2016_01_fff49_038.jpg
エディールは動物好きな男

本作はNPCらが旅の合間に勝手に会話を始めて、それを眺めることも楽しみの1つなんですが、レンジャーが連れている盟獣や主人公キャラのみ装備できるペットにやたら反応する男エディールである。

レンジャーで盟獣の技能をほぼ全て取り、その盟獣が高レベルになると極めて高い近接攻撃力を持つようになるんですが、通常時でも強化したアークウィバスに迫る勢いで、プレデター・センスが効いている状態なら恐らく最高の一撃近接ダメージだろう。盟獣は攻撃力は高いけれども、人型NPCのように装備と技能で防御を固められないからそこが短所になるわけですが、6人がまだ戦っている中で真っ先に倒れる盟獣というシーンを何度も経験してきた。

そこで登場するのが DLC Part I で使えるようになるファイターの技能なんですが、レベル11から習得できる「テイクヒット」で、盟獣を守りつつその高い攻撃力を活かすプレイが捗るようになりました。

PillarsOfEternity_2016_0fwwf10ss_11_568.jpg
DLC:White March Part I が必要です

当初はオーラの範囲が2メートルとかなり狭いために使い難さを感じたけれど、ファイターであるエディールに付き添うように、狐のイトゥマークをオーラの範囲に入るような位置取りを心がけると俄然安定してきたのだ。ファイターは普段の「並の戦い」では殆どダメージを被ることがないので、他キャラクタの被ダメージを半分受けてもさほど問題にはならないし、何より盟獣の強力な近接攻撃がいつまでも続くことに最大のメリットがあるわけですが、エディールと動物コンビが強いことに喜びを感じたのだ。

とは言ってもこれにも弱点がありまして、強大な敵が瞬殺レベルの範囲攻撃をしてきた場合、エディールよりも防御が弱い仲間らの、ダメージの半分全てを貰ってしまうことになりますから、その時はいくらタフなファイターといえど即気絶してしまいます。

PillarsOfEternity_2016_01_fw_09_09_312.jpg
PillarsOfEternity_2016_01fwwf23_09_14_886.jpg
レンジャーであるサガニの技能
(高レベルのレンジャーは手軽に便利で強いです)
Last Modified :

Comments







非公開コメント