CRPGまにあ

Pillars of Eternity - いざホワイトマーチへ出立

投稿日:2016/01/29 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:0
PillarsOfEternity_2016_01_2wda17_57_133.jpg
妨害63が誇り

本作は本編のみの状態だとレベルの上限は「12」なんですが、本編のコンテンツを全て消化してみると余裕でDLC Part Iの上限となる「14」に達するようです。本作におけるレベル2の違いはかなり大きな差ですから、最高の状態でホワイトマーチに挑むことになりました。

・以下はDLC:White March Part Iでの難易度設定について言及しています

ここで問題になるのはロード中に表示される「パス・オブ・ザ・ダムドとDLCにおいて高い難易度」云々という情報についてですが、ホワイトマーチの地域に初めて足を踏み入れるときに以下の画面が表示され、ハイレベルかスタンダードを選択することができるようです。

PillarsOfEternity_2016_01_wdawd_32_372.jpg
どのくらいの差なのか

しかしながら、レベル8の主人公データでホワイトマーチの地域へ行ってもこの画面は表示されず、レベル9以上だと表示されたんですが、この難易度設定が後にどう響いてくるかは分からないけれど、8以下で足を踏み入れると強制的に弱めの「スタンダード」に固定されるのかもしれない。これだけ楽しい戦闘ゲームですから、もちろん私はハイレベルを選びます。



PillarsOfEternity_2016_01wadw44_987.jpg
昨日の惨敗

プレイヤーが慣れてきてキャラクタが強くなったとはいっても、油断すると画像のように敗北することが何回もあるわけですが、またいずれ、ソロプレイでこれらの敵を撃破してみたい。

PillarsOfEternity_2016_01_wdwd_22_47_391.jpg
美味しいブーツです

ごく稀に城塞に物売りがやってくるイベントが発生しますが、今回はこのようなブーツを購入することができた。このブーツは初めて見たもので、移動スピード+1はかなり有り難いのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター