CRPGまにあ

Pillars of Eternity - ソウルバインド武器

投稿日:2016/02/05 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:0
PillarsOfEternity_2016_02_0sss0_539.jpg
精神系統への攻撃を無効化する人なのだ

Pillars of Eternity のDLCは取り敢えずメインとなるホワイトマーチの方は終わらせたが、もう一つ残されているコンテンツにこれから挑戦するところです。

仲間については公式の動画などでも登場しますからそのまま表現していきますが、本作の女性キャラクタは国内ゲームでは考えられないような遍歴揃いとなっているけれど、その4人の中でも特に際立つ画像のケイロックの魔人だろう。そのケイロックの魔人に最も特殊なソウルバインド武器を装備させてみたけれど、最初のアップグレードの取っ掛かりとなる場所が全く分からなかったので、ホワイトマーチクリア後にそこだけ某所で見てしまった。

PillarsOfEternity_2016_02wwdw27_36_342.jpg
性能はとても優秀

最後のアップグレードが完了すると画像の状態になってこれ以上ないほどの性能になるけれども、本作の高難易度における両手近接武器は使い所が難しくもあるから、使い易さでは片手武器に軍配が上がるだろう。他にも複数のソウルバインド武器が存在しているが、戦いでアップグレードするにはパーティ編成を見直さなければならないから、全ての武器を最高状態に育てるのは難しいのだ。

今回は数本のソウルバインド武器アップグレードの為にパーティ編成を変えてプレイしていましたが、やっぱり安定感においては、エディール、デュランス、カナ、サガニ、パレンジーナ、そこへ主役ウィザードの編成が最も安全かつ強い組み合わせだと感じています。

続きはホワイトマーチの土地で強いと感じたあ奴との戦闘シーンなどを。


PillarsOfEternity_2016_01_awffwa_50_871.jpg
まさに滅殺の息吹

PillarsOfEternity_2016_0ww36_31_045.jpg
これは恐ろしいダメージ

初回は適当に前進してみると強烈なブレス2発で全滅させられたが、右奥に布陣して防御の呪文書などを駆使しつつ、戦いの序盤はアイテム召喚でアルパイン・ドラゴンをできるだけ近づかせないようにしたら何とか勝利することができました。

どうやら本作のドラゴン系は戦いが始まった直後にブレスを連発する傾向にあり、その後は散発状態になるようだから、最初は遠めの間合いで戦うのが利口だろう。

PillarsOfEternity_2016_sss0_16_539.jpg
こうなると有利な展開に持ち込めるのだ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター