CRPGまにあ

Pillars of Eternity - 難関実績を解除

投稿日:2016/03/03 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:0
poejisseki1.jpg
poejisseki2.jpg

・No Rest for the Pro
休息10回未満でゲームをクリアする

・Relative Pacifism
敵の討伐数「175」未満でゲームをクリアする

・Solo
キラントリズを出てからゲーム終了まで誰も仲間に入れない

・Zero Knockouts
ゲーム終了まで一度も気絶しない

・Triple Crown SOLO
難易度PotD、エキスパートモード、トライアルオブアイアンを有効にしたルールでソロクリアする(今回は強制終了有りのイカサマプレイです。現行のVer3.0ルールで一度も死なずにTCSクリアは相当難しく運にも左右されます)

昨日これら上記の実績を解除したんですが、「Solo、Zero Knockouts、Triple Crown SOLO」と「No Rest fot the Pro、Relative Pacifism」の2回に分けて挑戦しました。以前のソロプレイであるサイファーのときに、勿体無いからと城塞のバイトを雇っていたり、召喚中に気絶したこともあったから、Solo と Zero Knockouts が解除されていなかったようです。

2回ともローグのソロで挑戦していて、休息10回までと討伐数175未満のプレイは難易度「イージー」でプレイしたわけですが、できるだけ敵を倒さないように心がけるプレイだと討伐数はどれくらいになるのか。下の画像を見ると分かるはずですが、物が物だけに本作をクリアしている人のみクリックしてください。

PillarsOfEternity_2016_03dd1_40_335.jpg
討伐数は「38」

これでも幾つかのサブクエストをクリアしているわけですが、それらを省いて最後まで隠密のすり抜けとローグの隠れる技能でやり過ごすプレイに徹すれば、さらに15から20ほど減らすことが可能かもしれません。

今回のイージープレイで何より驚いたことは難易度PotDとの敵の数の違いですが、全くの別ゲームと言えるほどの差があるわけで、難易度イージーだと隠密のすり抜けで殆どのシーンを戦闘せずにやり過ごせました。

休息の回数は最終的に「たったの5回」で済んだんですが、これについては現行の仕様変更されたVer3.0が有利かもしれません。Ver3.0以降は体術の仕組みがこれまでと変わっていて、今回のプレイでは全く休息せずに移動を繰り返してもペナルティー「倦怠感」止まりで、これが以前ならもっと酷い状態になっていたはずです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター