CRPGまにあ

Pillars of Eternity - synctam氏のPEM-Launcher

投稿日:2016/04/10 |  カテゴリー:Pillars of Eternity  |  コメント:0
synctam へリンク

本日公開されたものですが、導入後の感想を真っ先に書いてみると「これぞ神」と思ってしまうほど私の環境では効果がありました。

リンク先に記載がありますが、このMODランチャーにはオートセーブ抑止MODとなる「IEMod.NoAutoSave.pw.dll」が元から入っていて、このMODを有効にしてみると私の環境では劇的な変化がありました。

先日ですが書き込みしてくださった方への返信で

・建物内へ→5秒+12秒
・本編地域の屋外へ→5秒+16~17秒
・DLC1地域の屋外へ→5秒+20秒

このように書き込みましたが、私は少しばかり勘違いしていたようで、画面切り替え時の最初の暗転がオートセーブしている時間だと思っていたけれど、どうやらその後のスクリーンが表示されている時にオートセーブしていたようです。

今回のMODランチャー導入後にはこのようになりました。
(先頭の5秒は画面が暗転している時間)

・建物内へ→5秒+4秒~8秒(内部の広さにより様々)
・本編地域の屋外へ→5秒+8秒程度
・DLC地域の屋外へ→5秒+10秒弱

現状で使用しているセーブデータの進捗度は、本編は最後以外全ての地域を探索し、DLC1は完全にクリアして、DLC2を途中まで進めていますが、この状態でクイックセーブや通常のセーブを行うと約6秒ほど時間が掛かります。今回のMODによってセーブに掛かる時間以上の短縮効果があったわけで、これで長時間画面切り替え地獄から解放されました。

ちなみにゲームを始めた直後は切り替え時の画面暗転はほぼ皆無であり、ロードタイムは数秒ほどで、セーブに掛かる時間は1秒以下です。本編を隈なく回り、DLCをクリアして、そこまで進めるとロードの時間が異常に長くなる不具合です。

そんなわけで、DLC2を購入してプレイしてみると異常なロード時間の長さに嫌気が差し、ここ最近はプレイが全く捗っていなかった Pillars of Eternity ですが、これで悩みから解放されたので思い切ってプレイできます。

ファックマン氏の日本語化も、今回のsynctam氏のMODランチャーも、ほんと有り難いものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター