CRPGまにあ

The Walking Dead - 涙が出た

投稿日:2016/04/17 |  カテゴリー:The Walking Dead  |  コメント:6
WalkingDead101_2016_sss6_52_473.jpg
これぞ主役だと胸を張れる男「リー」

昨日取り敢えず一度終わらせた The Walking Dead ですが、プレイ前はどちらかというと「ヒャッハー系より」の作品なのかなと思っていたけれど、全く違いました。久々にゲームの物語で涙を流した私ですが、この涙は何年か前に同じ属性のものを味わったことがあった。

それが何なのかすぐには分からなかったけれど、半日経ってやっと思い出した。全く別のジャンルで物語も異なるし、共通点など一切ない作品ですが「H・K・O・Rさん」の物語で流した涙と同じものだと気づいた。すぐに分からないよう4文字の頭文字だけで表現していますが、やっぱりこういった実の子供ではない子を守りぬき、信頼関係を築いていく物語は目頭が熱くなるのだろう。

一先ず終えたわけですが、選択肢によってどれだけ物語が変化していくのかを確かめたいから、これからまだまだ挑戦していく予定です。さすがにあの人物があそこで死なずに最後まで残るとか、それはなさそうだけれど。



もう一つ付け加えますが、これまでに素晴らしいと感じた日本のテキストADV及びそれに近いジャンルの作品は、Ever17、うたわれるもの、シュタインズゲート、そして少しばかり趣向が異なるが Fate/Staynight あたりが私にとって最高の物語重視ゲームとなっていますが、本作はこれらの作品に匹敵するぐらい感情が高ぶります。



どうでもいい事だけれど、Steamの実績が全く解除されない。プレイ中に実績アンロックが無かったので、クリアと同時に一気に解除されるのかなと思っていたが、クリアしても1つも解除されない。なんらかの不具合かもしれないが。

コメント

No title

これ名作ですよね。知り合いに薦めたくなります。
物語を自分で紡いでいく感じや葛藤がたまりません。
何よりストーリーや登場人物が良いですよね。
実績は日本語化の方法によって解除されないこともあるようです。

Re: No title

情報をありがとうございます。
複数の日本語化サイトを見てみると
3DMベースの日本語化は実績が解除されないようですね。

それにしても、このゲームは私も名作だと感じました。
迫り来る危機や選択肢による葛藤が実に素晴らしいです。
登場人物らの存在感がとても強く、あっという間に物語にのめり込みました。

Re: Re: No title

返信ありがとうございます。

名作を多数紹介してくださるCRPGまにあさんと

共感できてうれしいです。
有人に薦めてみても、プレイしないと良さが伝わらないようで
なかなか普及に手間取っています。

このゲームは、S1のクリアデータをS2に引き継ぐ形となるはずなので
やり込むにしても、一度S2まで通してプレイしてからをお薦めします。

Re: Re: Re: No title

良い物を誰かに薦めるのってなかなか難しいですよね。
ウォーキング・デッドは原作とドラマ版共にとても好評ですが、それらに感情移入しているとゲームの方は楽しめそうにないとか、そう思ってる方もけっこういるような気がしますが、全くそんなことないんで是非手に取って遊んでみてほしいですね。逆にウォーキング・デッド自体を知らなくてもぜんぜん問題ないんで、知ってる人も知らない人も楽しめるゲームだと思います。

クリアデータが引き継ぎとなると、そのまま一気にプレイした方が楽しめそうですね。シーズン2と400日DLCや、他のゲームが色々入った12ドルのバンドルを購入してみましょうか。

No title

シーズン1が大好きな者です。400日、シーズン2も合わせて相当やり込みました。
ゲームを進める内にクレメンタインが可愛くなってきて何とも不思議に思った覚えがあります。ゲームの主人公にあれほど感情移入したのは初めてだったかもしれません。

周回プレイをされる予定のようなのでひとつ情報を。記事のSSのあたりで発生するケンカのシーンは大まかに分けて解決4種+バッドエンド1種と分岐が多目の場所だったはずなので、色々やってみてください。

話は変わりますが、シーズン2については私はあまり良い感想を抱けませんでした。変な先入観を与えたくないので理由は控えます。もしプレイされるのでしたらぜひ感想をお聞かせください。
ちなみに、引継ぎ要素のメインは400日の方で、シーズン1についてはないに等しいです。

Re: No title

一昨日シーズン2を購入して一気に最後までプレイしました。
クレメンタインとリーの2人は主役として大当たりな人物ですね。
シーズン1と2を通して、この2人の関係がなにより魅力的でした。

・以下はゲーム版The Walking Deadシーズン1とシーズン2のネタバレが含まれています。

---------------------------------------------------------------------------------------
シーズン1の方でも対人関係の難儀はあったものの、その多くは迫り来る状況に対処していく作りでしたが、シーズン2は全般的に「他人こそ敵」という印象が強くなっていました。シーズン1でのリーとクレムの関係が好きでしたし、気づいたら最後のシーンで涙が出ていたりして、私もシーズン1の方が色んな意味で楽しめたのかもしれません。

そして何より、シーズン2ではあのリーがいませんから、リーはもういないという空虚な気持ちのまま物語が進行していくので、シーズン2は心の大きな穴を抱え込んだまま最後まで進んだような感覚でした。

こういったアドベンチャーゲームでもラスボスという概念は存在するものですけど、終わってみるとリーの最初の友人で世界が終わったあの時からの生き残りでありつつ、クレムの良き理解者でもある「ケニーの蛮行」がラスボスになるという、そういった演出はさすがだなと思いました。

これから周回プレイを試してみたいなと思っているところですが、最初から非情な選択肢を選び続けてみたり、リリー親子にだけ冷たい態度を取ったりしたらとか、色んな遊び方をやってみたいですが、クレムに対して冷たい態度を取ることだけは幾らゲームとはいってもできないです。

400日の方で彼らがキャンプに残った場合も試してみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター