CRPGまにあ

Lords of Xulima - ファックマン氏とsynctam氏による日本語化ファイルが完成したようです

投稿日:2016/05/18 |  カテゴリー:Lords of Xulima  |  コメント:0
LoX_2016_05_1ss92.jpg
お前さんいつの間に整形したんだ

・Torchlight 2 日本語化あぷろだ(避難所) とか、いろいろ
http://ux.getuploader.com/tl2jpmodtmp/

・10時間プレイ後の私が書いたファーストインプレッション

このゲームまで日本語化して頂けるとはさすがです。本作が気になっていたけど英語だからと敬遠していた人は、この機会に是非挑戦してみてください。

Lords of Xulima は発売直後に購入して、右も左も分からぬまま最高難易度となる「Hardcore+Ironman Mode」で楽しみつつもがいていたんですが、発売されて間もなかった事と、こういったマイナータイトルでもありますから、情報など一切無い状態で突破口を開いていくあの充実感は相当なものでした。

その後、本作をプレイする同志の方たちが当ブロクに書き込みしてくださり、皆さんと情報交換をしつつ攻略していったあの過程は生涯忘れることがないでしょう。

有限な世界で決められたルールの元に攻略していくCRPGとして見た場合、本作は数あるPCゲームの中でも上位に位置するほどの高いセンスを備えていて、稀に見る優良作品と言っても過言ではありません。しかしながら、たった一つだけ大きな短所があります。

●ゲームバランス

ここさえ優れていたら Pillars of Eternity などと肩を並べるほどのゲームになれたかもしれません。海外のRPGで有りがちな「序盤は鬼のように辛いけど後半が異常にヌルくなる」タイプのゲームで、この点だけは本当に惜しかったです。

とは言いつつも、いつも口にしていることですがパーティを強化して努力したその成果が大きく花開いたから後半が楽になったわけですから、そこまで悪いことではないという見方もあります。

何れにしても、当ブロクを見てくださるようなPCゲーム好きの方で、「挑戦と攻略」が前面に押し出されているゲームが好みの方ならば、是非とも本作を「Hardcore+Ironman Mode」で遊んでみてください。そのルールでの本作の序盤から中盤にかけての難しさは、私が体験してきたゲームの中でも一二を争うほど厳しいものでした。



・Shiftを押しながら移動すると走ります
徒歩だと遅すぎるので走りと切り替えつつプレイしましょう。WASDキー、又はマウスカーソルで移動して、Altキーを押すと「常に走る。歩く」の切り替えができます。

・鍵開けはアクセスする度にランダムリセットされます
何度も触って開けやすい形が出るまで粘りましょう。

・手裏剣はかなり有用なスキルです
序盤は金銭面事情から思い切って使うことができないけれど、余裕がでてきて手裏剣を存分に使えるようになれば、強敵を倒す切り札になりえます。

・高難易度だと辛すぎるフードの管理
本作はある程度進めてパーティが強くなってきた段階に入ってもフードの維持が大変なゲームなんですが、そんな時は当ブロクの右下の方にある検索フォームで「フード天国」というワードで検索してみてください。あれを知っていたらフードの管理が別世界クラスに楽になるけれど、これは中盤まで進めた人用になりますか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター