CRPGまにあ

今世代の目玉 - GTX 1060のデビューが近い

投稿日:2016/07/07 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0
GeForce GTX 1060のスペックと3DMark Fire Strikeスコア - 北森瓦版

価格はVRAM6GBモデルで249ドルらしいけれど、パワーとワットパフォーマンスにおいてAMDのRX480よりもGTX 1060の方が明らかに優れている。短所があるとすればバス幅192-bitによるメモリ搭載量「6GB」になりますが、RX480は8GBであるから、メモリ量に関してのみRX480の方に軍配が上がる。

とは言ってもFullHDをターゲットにしたこれらの製品レベルで、ビデオメモリ6GBと8GBに差が現れる状況があるとすれば、現状だと Fallout 4 や Skyrim などのMODゲームで、MODしこたま詰め込みプレイをやった時のみだろう。解像度がFullHDレベルかつとても重い最新ゲームでもVRAMは4GBあれば問題ないですから、VRAM6GBあればまず大丈夫だ。

ここ最近のPCパーツ事情からしてGTX 1060の249ドルがいったい幾らになるのか考えるのが怖いけれども、円安の影響や代理店の暴挙などで腹が立つほど価格が高くなったGPUだろう。2011年から2012年辺りが最も良い値でGPUが買えた時期だと記憶していますが、2012年の段階での最安値は

・GTX660 - 19000円
・HD7870 - 18000円
・HD7850 - 15000円

これだけ安かった事実をはっきりと覚えている。恐らくGTX 1060の出荷時ご祝儀価格は「35000円」ほどになりそうだが、GTX 1060はGTX 660の直系なのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター