CRPGまにあ

Baldur's Gate: Enhanced Edition - 突破口が開く

投稿日:2016/08/12 |  カテゴリー:Baldur's Gate: Enhanced Edition  |  コメント:0
●難易度「バールの遺産」でプレイ中

20160812015bg1.jpg
上手く止めを刺せば経験値12000

確かに本作の最高難易度「バールの遺産」は難しい。前回も書いたように、序盤においてそこらの雑魚と「普通に向き合って」戦った時の手ごたえは、Pillars of Eternity の最高難易度パス・オブ・ザ・ダムド(PotD)よりも2倍ほど厳しく感じることだろう。しかしながら上手に立ち回る手段を幾つか手に入れれば、単純にPotDよりも2倍ほど強い敵だとしても何とかなるものです。

20160812015633bg.jpg
止めはアイテムの攻撃魔法でヤルのが楽だろう

このドリッズトはシミター/ワキザシ/ニンジャトウに属する良質武器2本とミスリル・チェインメイル+4を落とすわけですが、下がってしまう名声は12~13までなら低額の寺院お布施ですぐに上げることができるから、難易度バールの遺産において美味しい稼ぎポイントだ。

「上手に立ち回る手段」と前述していますが、難易度「バールの遺産」において要項であり有用な戦術は今のところこうなります。

・クレリックがLv3で使用可能になるホールドパースン
動物系やモンスター、人型だとしてもオーガ系には入らないけれど、この魔法が入れば後は殴り放題になりますから、どれだけ難易度が高かろうと効果時間中に倒せばいいのだ。その効果時間も破格の長時間となっているから、先ずは何よりこの魔法だろう。

・飛び道具の5人を固めて配置し、残りの1人がその周りで敵をKiting
飛び道具持ちや魔法攻撃をしてくる敵だと上手くいかないが、基本的にこの戦術で我慢強く粘ればどんな強敵でも倒せてしまう。中には途中でターゲットを変えてくる敵もいるからそこは見極めなければならないが、操作さえミスらなければ絶大な効果を得られるだろう。

・視界ぎりぎりで見え隠れする敵の挙動を理解する
本作の敵は視界ぎりぎりで見えない状態になると動きが止まるので、その仕様を利用してNPCなどに戦ってもらう戦術を取ることも可能だ。しかしこれは状況が限定されますから、どこでも出来るものではないです。前回記事の「シルク姉さん退治」と、今回の「ドリッズト殺し」がこれに該当します。

・ほぼ100%の確率でどんな敵でも1体だけ釣れる
いわゆる「Pullingキャラ」が、1体のみ視界ぎり表示の敵を釣ってくるわけですが、これについても飛び道具と魔法を使わない敵なら好きなように料理することが可能だ。とは言っても操作をミスって1発でも殴られてしまったら、それが序盤ならそのまま即死になるから注意が必要です。

20160812204bg1.jpg
だいぶ育ってきました。アサシンで現在Lv4

・バールの遺産プレイの証明
2016081221465bg.jpg
原寸大で見れば右側のパーティーの状態で理解できるはずです

今回は何気なく「序盤はソロ気味にステルスでやり過ごして」と考えたからアサシンを選択して開始したんですが、戦略が確立されてくると他のクラスでも良かったのではと感じています。具体的に本作に登場するNPCで例えると、ロングボウがとても強力なコランのようなDPSディーラー系でも良かった。

アサシンももちろんDPSディーラーだけれど、ダメージを稼ぐ方法がちょっと手間がかかりますから、そうなると放置自動撃ちで高DPSかつ熟練度を上げ続けていける弓使いが楽かなと思った次第です。

ちなみに現状のパーティメンバーは

主役アサシン
カリード
ジャヘイラ
ブランウェン
イモエン(メイジにクラスチェンジしてデュアルクラス化)
ニーラ(BGEEでの追加キャラでワイルドメイジ)

になっていますけれど、イモエンだけBG2の肖像画にしてみました。今のところ1章と2章で発生するクエスト類は殆どクリアできているので、そろそろナシュケル鉱山やノールの要塞の攻略に乗り出してみたい。

それはそうとバールの遺産でニーラを仲間に迎えるのはほんとに苦労した。高難易度で敵側は超強力になっていますから、戦いが始まるとニーラはほぼ即死してしまうし、そもそもLv1~2パーティーだとお話にならないレベルで即全滅になってしまう。ここは何度も再試行したポイントだけれど、最終的にこのアイテムの連射で何とか死者0で乗り切りました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター