CRPGまにあ

くだらなさもここまで来れば美味

投稿日:2009/08/13 |  カテゴリー:Saints Row 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
sr220090813d.jpg
急所攻撃が命中

誰よりもバイオレンスゲーム嫌いだと自負する私でも楽しめるお馬鹿ゲーム、セインツ・ロウ 2。警官や一般市民を殴り殺したり、何の罪もない人々をひき殺したり、この手の安直な作りのバカゲーはやる気が失せるどころか吐き気を催すんですが、何故かこのゲームはそう思わない。

sr220090813a.jpg
なかなか絵になるシーン。でも、主役は厳つい男性ギャングの方が様になる

このゲームは重いわりに大した美しさじゃないなあと思っていたら、映画のワンシーンのような描写に息を呑んだり、場面によってインパクトに差があるような。

sr220090813b.jpg
相棒を裁判所から助け出すシーン。はちゃめちゃな展開。

メインとなる大掛かりなミッションを受けていくにはリスペクトを貯めていく必要があって、その為にサブミッションや好き勝手に大暴れを行うんです。サブミッションの内容がこれまたお下劣で愉快なものばかり。

sr220090813c.jpg
こんな店があるの?と思ってしまうほど馬鹿馬鹿しい。

このゲームは難易度がとても緩く作られていて、体力は自動で回復していくからよっぽどヘマをしない限り死なないし、一般市民をどついて昇天させちゃってもお咎め無し。街中で半戦争を起こしても大丈夫。

お馬鹿ゲームでガチガチの難易度に変に縛られるよりも、この緩さがゲームの魅力を上手く引き出していると思う。

sr220090813e.jpg
ギャングの拠点確保のために、これからジェノサイド

敵ギャングを始末するだけに止まらず、ホームレスも始末しろというミッション内容…18歳以上が対象なのも頷けます。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター