CRPGまにあ

Dungeon Ratsを購入

投稿日:2016/11/11 |  カテゴリー:Dungeon Rats  |  コメント:0
20161110163915_1s.jpg
とても好感触です

Dungeon Rats - Steam

本作は1週間前に発売されたばかりの新作ですが、昨年「The Age of Decadence」をリリースした Iron Tower Studio が開発したゲームです。エンジンとシステムは The Age of Decadence ほぼそのままで、最大4人までのパーティーベースのターン制タクティカルRPGへと進化したゲームだけれど、定価898円という低価格から推し量るに規模的にはそれほど大きくないものなのだろう。
※正式発売は2015年10月になっているが、The Age of Decadence は早期アクセス期間が数年ほどあった

購入の動機はユーザーレビュースコアがかなり良好であることと、システム関連の下調べを行っているうちのその姿に興味を持ったからだけれども、実際に触ってみると本格的で奥が深いゲームであることがすぐに分かります。

20161111070838_1f.jpg
画像で見るよりも実画面はもう少し美しく見えます(ポートレートは追加したもの)

現状はまだやり始めたばかりの素人状態だけれど、攻撃する時の武器の振り方や、キャラクタの向きなど、これまでに数多く体験してきた戦術RPGの中でも、本作はその点において最も細かくこだわって作られたゲームだと感じます。

久々にこの手のPCらしいゲームにそそられたから、納得するまでやり込んでみよう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター