CRPGまにあ

精神レベルで日本ファルコム作品と対極のクライムゲーム

投稿日:2009/08/19 |  カテゴリー:Saints Row 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
日本ファルコムのゲームって、特に今年プレイしたガガーブ三部作で感じたんですが、作品の幹となるコンセプトが「人に優しくなりましょう」だと思うんです。とても暖かい、人間としてこうあるべきだねという。

で、いくら遊びのPCゲームとは言え、あまりにも暴力的で人としてどうなんだと思える行為が続くと、心が乾いてきますね。

sr220090819a.jpg
本筋ミッション:三賢者を仲間にしよう

まずはラリパッパ女ショーンディのご機嫌取り。あーやだね。
何やら車かバイクで大ジャンプを決めればこの女は満足するみたいで、バイクで命がけの大ジャンプ、警察と戦争になりパトカーを奪って大ジャンプ。

sr220090819b.jpg
この後ショーンディは国道で勝手に降車し、大惨事が起きていた。

次のギャング幹部候補に会ってみると、車をレッカー移動しろとか何とか。行ってみるとそこはお墓で、そのまま突入したらえらい事になってしまった。

sr220090819c.jpg
ナイフ片手に激怒して襲い来るお姉さま方

sr220090819d.jpg
金属バットで応戦

首尾よく事を済ませ、3人目に会いに行く前に服屋さんへ。
バカゲーで残酷ゲーで最低ゲーでどうしようもないアホゲーなんですが、やっぱりセンスはいい。描写も綺麗だし着替えはかなり楽しいです。

sr220090819e.jpg
服の種類はけっこう多いです

3人目は敵ギャングを??人倒せという安易な内容だったので省略。御覧のように1ミッションとり上げただけでもその惨さ、くだらなさが窺える事でしょう。

もちろんギャングゲームなので酷くて当然なんでしょうけど、映画のように一方的に見せられるわけじゃなく、自身で操作しているから介入度が段違いなので、やっぱりクライムゲームは人を選ぶと思います。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター