CRPGまにあ

引き続きPSのゲームとフリーゲームで遊ぶ

投稿日:2016/12/29 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2
現状のSteamやGOG.comでの所有ゲーム数には及びませんが、数百本はありそうなPS又はPS2ゲームの中から一本を手に取ってプレイしてみました。アクションや格闘系は10代から20代の頃に嫌というほどやり込んだから選択し辛いが、アドベンチャーゲーム(ADV)は今でも大好物だ。

当時の私は初代PSを持っていたけれど、その用途は友人とのストZERO2対戦マシンといったものでしたから、他のPSゲームは殆ど触ってこなかった。PS2に至っては、その時代はPCゲームのみに傾倒していたから全く触ったこともなく、どのようなゲームが出ているかすら知らなかった。

どんなゲームでも楽しめるようになった今の私から見ると、未知の領域であるPSとPS2のゲームは一際魅力的に見えるわけですが、PSのCD-ROMによって容量の制約がほぼ無くなり、開発者らの熱い思いや信念がそのまま叩きつけられているゲームが沢山あって、その熱意が成功すれば名作になり、道を外れると変なゲームになってゆく。そういった理由からかこの時代のゲームの味わいは多岐にわたるものであり、名作だろうと変ゲーだろうと遊んでいてとても楽しいのだ。



●マリア 君たちが生まれた理由(PS版)

何気なくプレイを開始しましたが、多重人格症(解離性同一性障害)を扱った物語として素直に楽しむことができました。ジャンルは「インタラクティブ・ドラマ」になっていますが、ADVという解釈で間違いはない。

多重人格を扱ったADVと言えば、テキストノベルの名作と呼ばれるあの作品の続編を思い出すけれど、あの作品はそういった事が起きているかもしれないといった程度で、本作のように正面から取り組んだものではないだろう。日常パートなどがなくプレイタイムは5時間前後という今の基準からすれば短めの尺であるが、余分なパートがないから話に没頭できるという長所にもなっていた。

ジャンル的に詳しく書くことができませんが、本作は少しだけ探索パートが含まれていて、固く決意をして真偽を確かめる場面はプレイヤーが特に興奮できるものだろう。これも詳しく書けないけれど、某18禁サイコミステリィADVにも似たような場面がありましたが、あの時の盛り上がりも相当なものだった。

当時のものとしても若干質が悪いと言わざるをえない3Dポリゴンによる人体が不自然で、特に顔がやたら怖いという短所があるけれど、2016年現在からすればそこらはご愛嬌レベルであるだろう。私は取り敢えず1つのエンディングを迎えることができましたが、ADVが好きな人なら楽しめるのではないだろうか。



●狂い月(フリーゲーム)

・狂い月の紹介ページ

2016年にリリースされたフリーゲームの中でも評価が高いもので、そのジャンルは「サスペンスホラー謎解き探索アドベンチャーゲーム」という私の好むものでしたから、つい先日プレイしてみました。

本作においては、サスペンス=追いつめられる、ホラー=怖い、といったジャンルになっていますが、もちろんそういった要素が優れていて、フリーゲーム向きなちょっと高難度の仕掛けなども目白押しであり、物語を綴る会話や紙片なども優れた文章力で構成されていますが、本作の最も良かったところといえば「ミステリな要素」なのではないだろうか。

本作もジャンル的にこれ以上は書くことができないけれど、全てを見届けても5時間程度で終えられる規模で、なおかつフリーゲームですから誰にでも薦められるものです。



ホラーものでフリーゲームを話題に出しましたが、数年前にプレイした「隣人」というゲームが最も怖く感じたものかもしれない。18禁ゲームの声優さんらが声を当てているから臨場感が高い作品で、視覚と音によるストレートな恐怖がひたすら分かりやすいホラーゲームだった。

隣人 - ふりーむのページ

コメント

No title

PSとPS2は、ゲームを死ぬほど遊んだ記憶があるんですが、PS3とPS4は全然あそばなかったなー

まぁPS2の中古のゲームが安いので色々買ってきては、うちの初期型PS3で、ずっと、遊んでいますが
(エヴァにハマっていた時代を思い出し、シークレットエヴァンゲリオンとか、名探偵エヴァンゲリオンを500円ぐらいで買ってあそんだり)

Re: No title

>>zabaraさん

以前にも書いたことがあるんですが、PSとPS2時代のゲームは開発者らの熱い思いがそのまま叩きつけらているものが多いですね。傑作も多いし、逆に楽しめる変なゲームとかも沢山あって、今でも魅力があります。

そういえば90年代の名作と呼ばれるエヴァンゲリオンは見たことがないんですが、私の場合は金田一少年とかコナンとかのゲームを何本か買ったりしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター