CRPGまにあ

Titan Quest Anniversary Edition

投稿日:2017/01/29 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:0
●実績「Hardcore Legend」解除が目標のプレイ

TQ_2017_01_26ff.jpg
100万のモンスターを倒す実績「Avatar of Thanatos」解除向けの場所らしい

難易度LegendaryもAct3の終盤まで来ましたが、何とか zero deaths を保てています。Titan Quest は4年ぶりくらいのプレイであり、真剣プレイとなると7~8年ぶりかもしれないほど期間が空いていたけれど、ノーマルとエピックを周回したことによって危険な敵と場所を再認識することができましたから、Legendary ではその経験を活かせています。

ここからの山場でありデンジャラスなポイントと言えば

・Act3 テュポン
・Act4 婆さん3姉妹
・Act4 ケルベロス
・Act4 ハデス麾下3将軍のうちの1人
・Act4 ハデス

になりそうですが、まずテュポンは攻撃属性が選り取りみどりで最も危険な敵かもしれないが、戦う場所が広めであることと、場が落ち着いてからのリッチキング先生任せの「延々ラン」がかなり有効であるから、近寄りさえしなければ何とかなりそうではある。とは言っても変に近づくと瞬殺される恐れがあるから注意しないと。

婆さん3姉妹は戦う場所が非常に狭いことが難度を高めている一つの要因だけれど、個々のヘルスと耐性はそれほど高くはない。この婆さんらは攻撃属性が生命力のようだから、デーモンの血コンプリートボーナス生命力耐性(生命力耐性+85)をはめ込んだリングとアミュレットを2つほど準備しておきたい。今のところ1つだけデーモンの血が完成している。

ケルベロスの場合は毒耐性が重要になりますから、こちらも毒耐性が大きく上がる装備を事前に準備しておきたいが、毒が噴射されるひび割れを踏まない位置取りを心がければ、コロッサスフォームから圧勝できるはずだ。

ハデス麾下将軍の1人にエナジーをこれでもかと吸い取っていく奴がいまして、難易度エピックでは戦いの最中一度は死を覚悟したほどだった。あの場所は敵の数も多いから万全の構えで挑みたい。

そしてハデスになりますが、3姉妹婆さんと同様に攻撃属性が生命力の敵ですから、こちらもリングなどにデーモンの血をしっかりはめ込んでから戦いたい。そうだとしても操作をミスるとやられる恐れがあるけれど、集中力を切らさなければ大丈夫だろう。

TQ_2017_01_29fwafw.jpg
あちらを立てればこちらが立たず

プレイ前の目標だった高いヘルスを全く実現できていないが、全てのスキル+4以上を一度でも体験してしまうと「+4未満」の調整など絶対にできない体になってしまうし、エレメンタル属性と刺突耐性も高く維持したい。その中でも雷耐性だけはどうやっても現状高めることができないから大きな弱点になっています。

Spirit/Defenseのスペルバインダーはこうやってステータス表のみを見るとDPSの低さから弱そうにみえてしまうが、接近してくる敵はAllSkill+4かつSkill最大のデスチル・オーラツリーの効果で大幅に弱体化して、自身は運良く発動すればアドレナリンによる強化があり、さらにダークカブナントとコロッサスフォームで力を増すことができる。現状のダメージのヘルス変換量は29%だけれど、ネクロシスによって敵のライフ吸収耐性がマイナス119%になりますから、そこらの性能も良好だ。

実際に操作してみると数値以上の強さを感じるビルドだけれども、瞬間的な大火力は無いからそちら系のビルドとの火力比較となると見劣りしてしまう。火力が低い代償として、デスチル・オーラによる敵の弱体化と、盾クラスである防御能力の高さ、殴りによる大幅なダメージヘルス変換回復、これらによって難易度Legendaryでも雑魚からチャンピオン及びヒーロークラスまでの敵なら堂々と接近戦を挑めるところが長所だろう。

TQ_2017_01_29_1afw.jpg
既にこのキャラだけで107時間プレイしている

今回はLegendaryのAct2テルキンを数えられないほど回しているし、レリックやチャーム集めに加えて連続買い物なども抜かり無くやっているからプレイタイムがかなり掛かっているけれど、それらに励んでいる瞬間こそこのゲームを最も楽しめているひと時なのかもしれない。

この先もまだ長いけれど、焦らずに買い物や装備調整などを楽しんでいきたい。



TQ_2017_01_29_20_fwa.jpg
いま使用中の武器。なかなか良いかんじ

Legedanry Act3あたりまでくると、店売り又はドロップ品の緑レア+レリックorチャーム武器の方が紫Legendary武器よりも使い易い場合があります。今回は全てのスキル+1が付いていた紫槍からなかなか離れられなかったが、そこ以外でAllSkill+4を達成できるようになったので武器を変えてみました。理想を言えば18生命力ダメージが「エナジー吸い取り」だったら良かったけれど、そう上手く事は運ばないのだ。

TQ_2017_01_29_20_faw_125.jpg
知性プラスではなくヘルス+600以上なら家宝クラスだった

昨日アフロディーテ フェイバーという素晴らしいネックレスがドロップしたけれど、マインドコントロールがうざすぎてあれは使えない。それさえなければ最上級の一品だけにほんとに惜しい。



・後日追記

TQ_2017_01_31fss.jpg
誤算だった(状況次第では非常に有用)

どうやら自キャラより明らかにレベルが高い敵にはマインドコントロールが入らないようで、現状のLv64だと難易度 Legendary Act4 なら雑魚敵でさえ発動しない。と言うわけで最後のAct4攻略で活用できそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター