3年半ぶりにLunasoftの新作をプレイ開始

Lunasoftのゲームは立ち上げ時の数本をプレイしていて、マインドハッカーと深淵のレコンキスタはお世辞にも良作とは言い難かったけれど、3作目である「魔法少女リィ」が素晴らしい出来栄えで、あの当時に一時的に逃亡していた先「CRPGまにまに」の方に楽しんでプレイしていた様子が残っています。

1週間前に発売された「リターニアの精霊使い」は、物語は魔法少女リィと何の繋がりもないけれど、システムを受け継いだ魔法少女リィの続編とも呼べるゲームなので、購入してプレイを開始してみました。

lus006_2017_03_02_21_06_47_519aa.jpg
キャラクタビルドはハクスラのそれそのもの

Lunasoftのゲームは幾つかの形体があるけれど、本作「リターニアの精霊使い」はゲームの進行は3Dダンジョンハクスラで、キャラクタビルドは海外のハクスラを強く意識したポイント制のスキルツリータイプであり、アイテムの扱いはローグライクとハクスラを融合させたようなものに見えます。

画像でも分かるように数千円の18禁エロRPGがこのような本格的なスキルシステムを搭載しているわけですが、他にも特色がありまして、前作扱いとなる「魔法少女リィ」と同様に難易度システムも海外のハクスラと全く同じような作りになっています。最初に選べるのはイージーとノーマルのみで、一度クリアしたらナイトメアが開放され、ナイトメアをクリアしたら最高難易度のヘルが開放されるという仕組みだが、もうこれはアノ作品まんまの難易度設定だろう。

前作扱いである魔法少女リィはゲームバランスがとても優れていたことが最大の魅力だったわけですが、どうやっても倒せそうにない強敵に対して、アイテムと魔法を駆使した自分なりの攻略法が成功したときの達成感が一際気持ちいいゲームだった。その血を引いているのなら本作も同じように楽しめるのではと期待しています。

魔法少女リィはリィーネが1人でダンジョンに潜って戦うゲームだったけれど、本作は主人公を含めて6人パーティー制になり、スキルなどの効果もかなり派手になっている印象を受けるけれど、それでも前作と同じように高いゲームバランスを維持していたら相当なものだろう。
Last Modified :

Comments







非公開コメント