CRPGまにあ

The Fall of the Dungeon Guardians - 75%オフセールといつの間にか日本語入りになっている件

投稿日:2017/08/15 |  カテゴリー:The Fall of the Dungeon Guardians  |  コメント:0
DungeonGuardians_2017_08_15_17_27_17_872.jpg
公式に日本語対応

The Fall of the Dungeon Guardians - Enhanced Edition
(8月22日まで75%オフの495円)

本作は約2年前の発売直後に購入したけれど、私の嗜好には合わなかったために序盤だけプレイしてそのまま放置していたわけですが、気づいてみると日本語に対応しているようだ。さらに現在は75%オフセール中ということで、これを機に購入してみるのもありでしょう。

以前のレビューにも書いているように、このゲームに「ダンジョンマスター」「ランズ・オブ・ロア」「レジェンド・オブ・グリムロック」などを期待すると肩透かしを食らうことになります。そのどれにも該当しない独自色が強いリアルタイム戦闘が肝のダンジョンクロウルゲームという表現が最も適切なはずだけれど、見どころは大いにあるけど詰めが甘い。

インベントリィ画面からアイテムを使用する時の操作には苛立ちを感じ、ダンジョンの配分はほぼ戦闘のみでギミック類はほんの少ししかなく、昨今流行りのPC用インディーレベルRPGにおける「高難易度チャレンジシステム」が完全に投げっぱなしになっていて、今どき「難易度ユーザーに丸投げのどこでもいつでも戦闘中でも上げ下げ可能システム」は通用しない。

イカサマ可能な世界で戦闘の意欲を保つことなどできないし、そこを自分の思い込みでカバーしようとしたのなら、それは不出来ゲームの擁護になる。少しジャンルが異なりますが、難易度でプレイヤーを満足させようという意志が感じられた「Pillars of Eternity」「Divinity: Original Sin」とか、そこまで行かなくても同じジャンルのグリムロックのように普通に難易度固定でプレイできるシステムであったなら、もっと楽しめたかもしれません。

そういった短所があるけれど、日本語になっていますから今ならそこそこ遊べるゲームになっていることでしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター