CRPGまにあ

Age of Wonders III - 萌え袖の挑戦 其の七

投稿日:2017/11/15 |  カテゴリー:Age of Wonders III  |  コメント:0
●ランダムマップ スコアアタック
種族:ヒューマン
クラス:ローグ
特化:創造の使者、大気の使者、大気を司る者
目標:征服勝利
AoW3 Japan【開催中】ランダムマップ スコアアタック
Hall of Fame ランキングページ

AoW3_2017_11_12_05_57_33_187dda (fw
両面同時侵攻かと思いきや

封印ポイントでマーリンとの初戦を終えた直後、画像の矢印の方からこれらの部隊が侵攻してきた。フェアフィールドには元から駐屯しているティア1~2混成の1部隊とイマヌイットの部隊が守備についていて、ゲイモルティスはヒューマンアーチャー6ユニットが守備していた。

フェアフィールドの方は攻められても問題なさそうだけれど、ゲイモルティスには急遽テオクラットの部隊を向かわせた。しかしながら、敵部隊はこちらの軍勢を見るだけ見て撤退していったのだが、本作のAIはちょっと慎重が過ぎるほどの弱腰だ。正直なところ、玉砕覚悟の特攻が最も嫌らしい。

AoW3_2017_11_12_10_05_41_340f.jpg
トロンゲイスの戦い

数はこちらが上回っているが、この戦いでも「帯電する戦場」を詠唱されて少しだけ苦戦してしまった。勝つには勝ったけれど、精鋭兵ランクのシャドウストーカーと同じく精鋭兵であるナーガガーディアンの2体がやられてしまったことが悔やまれる。

槍兵は特に好むユニットで、その中でも再成長持ちでランクが上がると「疲れ知らず」を習得するナーガガーディアンは優秀なユニットだ。ティア1又はティア2の槍兵を鍛えに鍛え、1つ2つほど強化魔法を入れてからティア3~4の騎乗や飛行の強ユニットを迎え撃って大ダメージを与えるのは爽快なのだ。

AoW3_2017_11_12_20_08_57_967wd.jpg
マーリン本人がいたハイドンの戦い

マーリンの首都は最も南西に位置するビニャータで、そこに火が灯されたビーコンが建造されている。ハイドンには騎兵ら5ユニットとマーリン本人とウィスプの計7ユニットが駐留していたが、すぐ右横にある封印ポイントの方に15ユニットほど置いていたようだから、都市が手薄で助かった。

AoW3_2017_11_12_20_38_17_746afw.jpg
お前さんもお早い降伏で

ハイドンの戦いは圧勝に終わり、ターン送りをしてみると102ターン目にマーリンが降伏してきた。ハイドンを落とされても西と南に大都市を2つ抱えていて、6ユニット部隊を5つほど持っているはずなのに、戦意喪失するのが早めのマーリンであった。

マーリンはソーサラーであるから、都市に防護の碑文、魔法障壁、雷の護り、などが掛けてあったらもっと苦戦していたはずだけれど、今回のAIソーサラー勢はそういった戦略魔法を使おうとしなかった。さらに私にとって好都合だったのは、マーリン本人とは戦ったが、それ以外の英雄とは一戦も交えることなく勝敗が決したことだろう。

マーリン降伏時に首都のビニャータと本来はハム君の首都だったアップルトンが独立勢力化したけれど、他のAIに手出しされる前にこちらの軍勢を送って制圧した。マーリンのユニティビーコンも破壊したから幸福度と士気の低下が若干改善されたけれど、地下都市でタンナが火の灯ったビーコンを持っていて、マーリンと入れ替わるようにレオヌスがユニティビーコンに火を灯してしまった。

AoW3_2017_11_12_20_38_55_268adw.jpg
こんな趣味に走っているから戦いが疎かになるのでは

マーリンの趣味だったのか定かではないが、海や河に通じていないこんな小さな池に、維持費16ゴールドの船が6隻も浮かべてあった。これで何をしようというのだ。



AoW3_2017_11_12_21_18_25_459daw.jpg
この段階にてやっとのことユニティビーコンの建設

残るAI派閥はタンナとレオヌスだけになったが、ここからは嫌でも戦いだらけになるから我が帝国もビーコンに火を灯すことにした。ビーコンに火がともれば基本幸福度が+300されるから、都市にもユニットにも良いことだらけ。難点は火を灯したその時から世界の全てのAI指導者と戦争状態になってしまうことだろう。

AoW3_2017_11_12_21_20_29_390wd.jpg
こちらもやっとティア4に成長

今回のマップは上位のトレジャーサイトが全く存在しないとこれまで何度も書いていますが、そういった環境だから戦う機会がとても少なく、ユニットがなかなか育たなかった。

序盤から大事にしてきた進化型ティア1ユニットがティア4になると嬉しいものけれど、このキングショックサーペントは少し後の戦いで事故により亡くなってしまう。正確には事故というよりも私の知識不足による失態なのだが。

AoW3_2017_11_12_21_39_56_315wf.jpg
後期は暗君化した凶暴オヤジ、逝く

最後はなんとあっさりしたことか。前回の更新でタンナの3部隊フルスタックの軍勢が地下の東の方に消えていったと書いているが、その軍勢は東側の出入り口から地上に出て、画像の封印ポイントを占拠していた。

そのすぐ隣がレオヌスの首都で、機械兵器2部隊の主力を封印ポイントのタンナ勢8ユニットに差し向けて戦いが起こったのだが、タンナ8VSレオヌス12でタンナが圧勝し、戦いが終わった瞬間に岩場に隠れていた他の兵がレオヌスの首都を占領したのだ。

この都市の山岳に黒カラスを置いて監視していたから全てを見ることができたが、都市の状態は戦略魔法の「監視者の目」でいつも見えているローグはとても便利です。

AoW3_2017_11_12_21_40_25_398dwa.jpg
今回のAIは弱腰かつ律儀がデフォ

これで最後の敵はゴブリンアークドルイドの「タンナ」になったわけですが、レオヌスが滅んだから東側の都市ダラクスが独立勢力化した。そこを狙ってタンナがすかさず兵を差し向けていたが、私の帝国とダラクスの外交が進んだ途端に方向を変えて去っていった。以前のプレイでは問答無用で攻撃されてもぎ取られることの方が多かったけれど、今回のAIは律儀者ばかり。

AoW3_2017_11_12_22_45_42_834ad.jpg
これもプレイヤーが取りやすい帝国クエスト

知識ブーストが一際高いソーサラーだと70ターンぐらいで全ての研究を終えられたはずだが、今回は106ターンで消化できた。それでもこのクエストが取れるということは、AIは一体何をしているのだろう。

AoW3_2017_11_12_22_45_52_175fa.jpg
過去最高の新たな特化報酬

この帝国クエストをクリアしても「いまさら貰っても」と感じるものが多かったけれど、今回のは当たり揃いだろう。民衆の結集+ローグの反乱扇動で敵の都市の幸福度マイナス1100が可能になり、安全装置は信頼おけるユニット救済スペルで、他にも精神の自由、減速、地の上位魔法3つときている。

AoW3_2017_11_13_16_42_42_559faw.jpg
イマヌイットが3部隊を指揮するビーコン防衛三戦目

評価は「劣勢」になっているが、これだけ弓兵がいて城壁有りですから、結果は圧勝できます。イマヌイットには河童とか言ったり色々とあったけれど、そういった負い目からか、火炎耐性が上がるラプターや指輪を渡して、1体目のファイアジャイアントもイマヌイット部隊に入れてあげた。こういった感情の機微も本作の面白いところだ。

AoW3_2017_11_13_16_55_27_745wd.jpg
最後のピースが揃った

これで次のターンになればタンナの方から宣戦布告をしてくるわけですが、長かったランダムマップ スコアアタックもやっと終わりが見えてきました。実際には短期間に集中してプレイしているからそんなに長くは感じていないけれど、本作は4x-StrategyでありながらRPGであるわけですが、他のStrategyよりも笑えるドラマが頻繁に起きるからそういう面が楽しいです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター