CRPGまにあ

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baldur's Gate : Enhanced Edition

投稿日:2018/06/19 |  カテゴリー:Baldur's Gate: Enhanced Edition  |  コメント:0
●難易度「バールの遺産」ソロプレイ - 第3回

前回は初期の目標だったレベル7に到達して、経験値が多めで序盤でもクリアできるクエストを幾つか消化。そして今回はメインクエストの舞台であるナシュケル鉱山の地下へ侵入します。



●「ナシュケル鉱山地下」

Baldur_2018_06_17_05_59_52_337sd.jpg
ファインドトラップ15でも何とかなる

今回はシーフスキルのファインドトラップを全く上げていませんが、それでも鉱山の地下の罠なら発見、そして解除もできました。ウィザード魔法のインヴィジビリティは持続時間が24時間という長さで、BG1の敵でインビジを剥がしてくるやつはまずいないから信頼性が非常に高いのだが、シーフスキルのハイドだとそうはいきません。ラウンド毎に成否判定があって、うっかり敵の前で姿を表してしまうと厄介なことになるから、持続時間を常に意識して行動する必要があります。

●「ナシュケル鉱山最下層の洞窟 - ムラヘイ戦」

Baldur_2018_06_17_06_02_43_399awd.jpg
バールの遺産だとこの人強いんです。って足元が怪しいって思えよ。

メイジ系だと魔法を撃ってるうちにバグ気味になってムラヘイが攻撃しなくなることがあったりしますが、クレリックならサイレンスを入れてやると面白いことになります。ムラヘイは戦闘の直前に付近のモンスターらに招集をかけて増援を呼ぶのだが、沈黙させると会話すらできないから増援がこなくなるのだ。

今回は魔法や有効なワンドなどが一切使えないバウンティハンターなわけですが、まずは画像のように罠7つを密集させて「バックスタブ+罠7つ」をやってみたものの、それでも20~30%ほど体力が残って仕留めきれない。速攻で仕留めなければ増援を呼ばれて対処しきれなくなってしまう。

Baldur_2018_06_17_07_29_38_955adw.jpg
出入り口付近に誘導させてから開戦

ムラヘイはこちらを見つけると向こうから寄ってきます。それを利用しようと考えたわけですが、この戦法は事前に「洞窟外のコボルド類の掃除」「洞窟内に最初からいる4体のコボルドの掃除」、これをやっておかねばならない。

何もいない状態にしてからムラヘイとの会話を出入り口付近で発生させて、休息を挟んで罠を7つ仕掛けて、ハイドからバックスタブで攻撃開始。1発入れたら洞窟の外に出てハイド、そして中に入ってムラヘイに攻撃、当たったら即離脱。この方法なら何とか倒すことができましたが、増援部隊に出入り口を塞がれて上手くいかないことがありますから、そういった場合はムラヘイよりも先に塞いでいる敵を倒す必要があるだろう。

Baldur_2018_06_17_07_31_50_912daw.jpg
ムラヘイを倒してからハイドをして悠々とお宝を回収

●「ナシュケル - 夫の帰りを待つ女性」

Baldur_2018_06_17_07_36_12_976adw.jpg
リングを渡すだけで経験値800

ナシュケル鉱山地下3階に夫の死体があってそこにリングもありますが、BGEEからの新機能「周辺のアイテム表示」がとても便利です。これがあると見逃すことがない。

●「ナシュケル - クエストの報告」

Baldur_2018_06_17_07_36_51_080ad.jpg
少ないけど取り敢えず報告

Baldur_2018_06_17_07_37_19_473awd.jpg
ムラヘイ退治の方はそれなりの報酬

●「ナシュケル - ニンブルという暗殺者」

Baldur_2018_06_17_07_47_36_064awd.jpg
BGEEでの追加NPCラサードも参戦してくれる

この宿は中も外もごたごたが多い場所なのだが、まず先にインビジで宿内部の入口付近に罠を仕掛けて、出たり入ったりバックスタブと罠ダメージであっさり倒すことができた。バールの遺産だから、そのまま戦うとかなり苦戦します。

●「野盗の宿営地 - 第三章の目的地」

Baldur_2018_06_18_01_41_36_306dwa.jpg
野盗の仲間になる選択で堂々と宿営地にイン

普段はムラヘイを倒してからノールの要塞と灯台のマニュアル、トームを取りに行くことが多いのだが、今回は難易度バールの遺産で厳しいだろうから、先に四章まで終わらせて、移動速度が2倍になるパウズ・オブ・ザ・チーターを早めに取りに行きたい。この野盗の宿営地の中で第三章がクリアになりますが、ここはインビジかハイドがあれば戦闘を完全回避できます。

●「野盗の宿営地 - タゾクのテント」

Baldur_2018_06_18_01_43_27_460awd.jpg
赤線内より上なら姿を表しても大丈夫。

ハイド又はインビジでテント内に入り、そのまま画像のマイキャラクタの位置に移動すれば戦いは起こりません。このコンテナの中にある書簡を取って読むと第四章に突入になるわけですが、コンテナにはライトニングボルトが飛び出す罠が仕掛けられています。ファインドトラップが高ければ、発見、そして解除が可能だけれど、今回はそうはいかない。そのまま開けてセービングスロー成功まで粘る、魔法耐性が上がるポーションを飲む(貴重)、ムラヘイ戦で入手できる電撃耐性付きのブーツ「ターロス・ギフト」を履く、などなどこういった手段で乗り切るのだが、今回はそのまま開けて数十程度のダメージでした。

ちなみにもしもウィザード呪文が使えるキャラクタならば、画像内のハクトにチャームパースンを入れて下の奴らと同士討ちさせてやると面白いことになります。3対1でハクトが確実に倒れるので、周辺アイテム表示機能で最強のロングボウ「ザ・デッドショット」を持って帰ることができます。

Baldur_2018_06_18_01_46_39_254awd.jpg
コンテナ内にはこんな良い物も。最終装備品です

●「フレンドリーアーム・イン - 物売りと名声調整」

Baldur_2018_06_18_01_50_21_285awd.jpg
第四章と第五章では名声を9以下にしてホラーを選択

宿屋内でおいたをして名声を下げましたが、ソロプレイだとスローポイズンよりもホラーの方が必ず使えます。バルダーズゲートに入るとショップで色んな買い物をすることになるわけですが、名声が低いと商品の価格が高くなってしまうので、第五章に入ってから寺院へのお布施で少なくとも12以上に回復させたい。

Baldur_2018_06_18_01_54_38_774adw.jpg
待ち伏せターネッシュはあっさり勝利

バールの遺産キャラクタレベル1~2くらいでターネッシュと戦うと絶望を味わわされるが、さすがにこの段階になると何とか勝てるようになります。建物への出入り口があるので、出たり入ったりバックスタブで終わり。

●「クロークウッドの鉱山 - 第四章の目的地」

Baldur_2018_06_18_02_28_56_280wad.jpg
こやつがパウズ・オブ・ザ・チーターを持っている

橋の守衛2人は罠からの攻めで方がついたが、ドレイサス一行は戦士系2魔法使い系2が固まって配置されています。ドレイサスはパウズ・オブ・ザ・チーターを履いている状態で他よりも足が速いから、まずはドレイサスのみ西側まで誘導させた。ここまで来ると他の3人は追いついてこれなくなるので、タイマン状態に持ち込める。

出入り口でのバックスタブ戦闘について何度も言及していますが、ここは隣のエリアを挟んでの「エリア間移動ハイドバックスタブ」が有効です。最初に罠で大ダメージを与えつつ、エリア間移動バックスタブで無傷の勝利を収めることができた。

ちなみに魔法やワンドが使えるメイジ系ならば、見つからないぎりぎりの距離まで近寄ってから「ウェブ→スティンキングクラウド→ファイアーボールワンドとかポーション・オブ・エクスプロージョンとかその他色々」のような戦術で4人まとめて何とか料理することができます。

Baldur_2018_06_18_02_32_35_003awd.jpg
これで世界が変わる、戦術そのものが変わる

●「南東の果て、ジバーリングの山~フレンドリーアーム・インのウィズダム寺院」

Baldur_2018_06_18_02_39_03_233awd.jpg
寄ったついでにサミュエルを救うクエストも

ど忘れしていたがジバーリングの山には火炎耐性+40%のバタリスタズ・パスポートリングが直ぐに取れる状態で置かれている。リングは何も装備していなかったので、足が速くなったついでに先に行っておいた。

●「クロークウッドの鉱山 - 地上部分」

Baldur_2018_06_18_04_42_53_891awd.jpg
罠のみでこのダメージ

難易度ノーマルなら複数罠の設置で殆どの敵を瞬殺できそうだが、画像の敵がちょっと弱めなだけかもしれない。残っているドレイサス一行も安定した戦いで捌けたが、4人倒すと経験値5600だからかなり美味しいです。

Baldur_2018_06_18_04_58_37_548dwa.jpg
これを忘れずに取っておきたい。

ドレイサス一行の付近の建物内で取れるポーションですが、守衛らは外におびき出してからハイドで隠れてやるとその場から動かなくなるので、上手く動けば戦わずに建物内を漁れます。

この手のポーションは罠の連続などを突っ切って走り抜けたり、魔法が強い敵との戦いなど、バールの遺産では特に有り難いものなのだが、バルダーズゲートに入れば高額かつ個数限定で幾つか購入することができます。



さて、次回からはクロークウッド地下の鉱山に入って、強敵ダヴァエロンとその一味との戦いです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。