CRPGまにあ

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baldur's Gate : Enhanced Edition

投稿日:2018/06/19 |  カテゴリー:Baldur's Gate: Enhanced Edition  |  コメント:0
●難易度「バールの遺産」ソロプレイ - 第4回

前回までは、第二章のムラヘイ、第三章の野盗の宿営地などをクリアして、第四章クリアに向けてクロークウッド鉱山の深部を目指す。その道中で移動速度2倍ブーツの持ち主ドレイサスを倒したところで終わりました。



●「クロークウッド鉱山内部」

Baldur_2018_06_18_05_06_54_897da.jpg
うじゃうじゃや

鉱山の深部にいるダヴァエロンの所までは戦闘を回避するわけですが、インビジならまず剥がれないから安心だけれど、ハイドはラウンド毎の成否判定を見極めて移動する必要があります。それにしても画像の地点は敵の数が多いが、某作の神聖な業火を撒き散らすパラディンであの中に飛び込んでやりたい。

●「クロークウッド鉱山最下層」

Baldur_2018_06_18_05_08_22_599ad.jpg
まずはこのシークレットドアを明らかにしてから

ハイド又はインビジ状態でこの壁の前に立つと発見できます。画像の守衛に気づかれたらこの場面で戦闘になってしまうので、それは避けねばならない。

Baldur_2018_06_18_05_18_32_824awd.jpg
そのまま突撃して戦い始めてみるが

ダヴァエロンの部屋までの通路に複数の罠が仕掛けられていますが、そのうちの2つはバトルホラーの発生で、他はダメージ罠になっています。そこまで強烈な罠ではないけれど、運が悪いと数発で死んでしまうので、あまりにもきついと感じたら魔法耐性が上がるポーションを飲んでから突っ込もう。今回の私は罠が作動しても数十程度のダメージで済みました。

難易度ノーマルなら騒動に気づいた先の守衛とボトルホラー2体らを躱しながらダヴァエロンを倒すことができるが、バールの遺産だとそうはいかない。さすがに厳しいから何か策を講じてみることにした。

Baldur_2018_06_18_05_33_19_613awd.jpg
ダヴァエロン以外の3体をこの階層の出入り口まで誘導

ダヴァエロンは魔法シャドードアで頻繁に消えるので、その隙きをついてバトルホラー2体と守衛を画像の位置まで誘導する。自身は一度階上に移動してからハイド、そして再び降りてダヴァエロンの元へ。こうすればダヴァエロンと一騎打ちが可能なのだ。

Baldur_2018_06_18_05_34_31_136awd.jpg
まずはミラーイメージを剥がす

試してみたところ飛び道具ではミラーイメージの複製を消すことができないので、足を止めての殴り合いになった。基本的に1ラウンド1回しか近接攻撃ができないシーフキットクラスの向かい合っての殴り合いは、攻撃速度が遅すぎて話にならない。ダヴァエロンは魔法使いタイプとは言っても難易度はバールの遺産だから、あっという間にこちらが殴り殺されてしまう。

手持ちに対殴打+10の「ポーション・オブ・アブゾープション」があったので、それを飲んだら何とか足を止めて殴り合えるようになったけれど、それでも1発食らってしまうときがあるから気が抜けなかった。

他にも貴重な「ポーション・オブ・マジックブロッキング」を1個だけ飲みましたが、5ラウンドの間、レベル5以下の呪文への完全耐性という少々壊れ気味な性能なポーションだけれど、これさえ飲んでおけばBG1の攻撃呪文や魔法の罠などはほぼ受け付けなくなります。しかしながら、有益な魔法の効果なども消えてしまうので、使い所を見極める必要があります。

Baldur_2018_06_18_05_54_03_522awd.jpg
やっと仕留めた。経験値が美味しい

ミラーイメージを剥がしてからは、ショートボウ+1とアロー+1での遠隔攻撃に移った。こちらは移動速度2倍のブーツで常に高速移動できるから、こうなればダヴァエロンに限らず他の敵に対しても遅れを取ることはない。少し時間が掛かったが、何とか強敵ダヴァエロンを葬ることができた。

●「クロークウッド鉱山 - 脱出」

Baldur_2018_06_18_05_59_22_860adw.jpg
なんて酷い。みんな昇天

このイベントは鉱山内部が水に浸かってしまうことになるのだが、主人公がやるべきことをやっていないから善良な人々まで数多く死んでしまったらしい。鉱山内にいるNPCイェスリックなどは、ソロプレイやSpeedrunプレイでは毎回溺死しているのかと思うと罪悪感が募る。

これで第五章に突入したわけですが、早速休息して2つめのホラーを覚えたので、ここからは名声を上げていかねばならない。バルダーズゲート内でWISトームを不当に入手するのなら、また下がるんだけどね。

●「クロークウッド1に少し戻る」

Baldur_2018_06_18_06_34_00_976awd.jpg
セニヤド討伐と報告で経験値6000

セニヤドは3人のドルイド弟子を連れているから速度2倍ブーツを入手してから倒そうと考えていた。罠とハイドとバックスタブと移動速度2倍のブーツ、この組み合わせがあって根気さえあれば殆どの敵は倒せてしまうだろう。

●「コーストウェイ」

Baldur_2018_06_18_06_41_09_689awd.jpg
ベルトを持っていなかったので

BG1のベルト装備の中ではこれが無難になるだろうか。本来この品はクエストで届けなければならない品だが、それは惜しいからもちろん装備しておきます。このベルトを持っているオーガもバールの遺産開始早々に戦うと絶望を味わわされるのだが、この段階に至ればあっさり倒すことができます。

●「クラウドピークマウンテンズ1」

Baldur_2018_06_18_06_55_28_715awd.jpg
何があっても犬は助ける

移動速度2倍ブーツを入手したので、後回しにしていたマニュアルとトームを取りに行くのですが、BG2EEにキャラ転送する予定がないソロプレイキャラなので、取る必要はないのかもしれないが、そこらはこだわりですから全てのマニュアルトームをゲットしていく方針です。画像の犬の救出と、この付近のセンダイ一行との戦いで経験値は2000程度貰えた。

●「クラウドピークマウンテンズ2」

Baldur_2018_06_18_07_08_08_382awd.jpg
ドライアドの樹を男たちから守るクエスト。すぐ下の洞窟のハルバード+1もついでに

Baldur_2018_06_18_07_09_46_946awd.jpg
通り道だから可愛そうな猫のクエストも

●「ノールの要塞」

Baldur_2018_06_18_07_15_30_089awd.jpg
CHAのトームをゲットして逃走中

バールの遺産で移動速度2倍のブーツがない場合は、内部でトームを取ったあとにインビジが使えないとほぼ間違いなく死んでしまうけれど、このブーツさえあれば振り切って楽に逃走できます。

●「灯台 - 西側の海賊の洞窟」

Baldur_2018_06_18_07_25_12_478awd.jpg
CONのマニュアルはここに

この場所もインビジがあれば簡単に取って消えて離脱が可能ですが、ハイドのみだと上手く立ち回る必要があります。フレッシュゴーレムの視界を切ってからハイドが成功するまで粘り、そのまま消えた状態で洞窟外のサイリーンらをすり抜けて脱出するのだ。

ここでは「ワンド・オブ・パラライゼーション」も同時に入手できますが、このワンドは対ボス用として極めて使える品だろう。難易度ノーマルなら建物の外に飛び出してきたサレヴォクを麻痺させて即昇天させられるし、バールの遺産だとしても「グレーター・マリソン→麻痺のワンド→ドツキまわす」のようなかんじでサレヴォクをあっさり倒すことが可能です。今回はバウンティハンターですから、その戦法は使えない。

●「ソードコースト - 死の接吻ショール・ザ・ネレイド」

Baldur_2018_06_18_07_36_31_180wad.jpg
経験値5000だから

会話をすると強制的に死の接吻でゲームオーバー。近接攻撃をしても話しかけられて死の接吻。なかなか上手くいきませんが、遠隔武器で話しかけられないように倒すしかない。今回は開幕の7連罠ダメージがあったから楽に倒すことができました。

●「ソードコースト - 変なヤツ」

Baldur_2018_06_18_07_37_23_054dwa.jpg
経験値は少ないがついでに

●「ソードコースト - ダヴァエロンの弟」

Baldur_2018_06_18_07_38_13_114adw.jpg
話しかけるだけでポーション・オブ・マジックプロテクションが貰える



さて、一通りやれることをやりましたが、次回からはバルダーズゲートに移動します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。