CRPGまにあ

Baldur's Gate : Enhanced Edition

投稿日:2018/06/20 |  カテゴリー:Baldur's Gate: Enhanced Edition  |  コメント:0
●難易度「バールの遺産」ソロプレイ - 第5回

前回は第五章に入ってから、能力値が上がるマニュアルとトームの2つを各地に取りに行ったところで終わった。今回からはバルダーズ・ゲート内です。



●「バルダーズ・ゲート東地区 - シーフギルド」

Baldur_2018_06_18_07_41_19_855awd.jpg
DEXが1上がるマニュアル・オブ・クイックアクション

バルダーズ・ゲートに入ったら真っ先にここへ来る習慣になっているけれど、今回のキャラクタはDEX19のエルフですから、DEX20になったところでそれほど意味はない。

●「バルダーズ・ゲート東地区 - ソーサラスサンドリーズ2階」

Baldur_2018_06_18_07_54_00_233sf.jpg
儀式中のメイジ4人

話しかけるだけで喧嘩を売られるから毎回戦っています。4人倒すと経験値5400だからかなり美味しい。

●「バルダーズ・ゲート北東地区 - マレック&ロスアンダー」

Baldur_2018_06_19_17_22_30_418dwa.jpg
クエストはすっ飛ばして最高のショートボウをゲットする

東地区から北東地区に入ると時間制限付きのロスアンダークエストの最初のフラグが始まるのだが、ハイドで入ってからプロテクター・オブ・ドライアド+2を所持しているマレックを殺害。倒す方法は色々と考えられるが、今回はダーツ・オブ・スタンニングで麻痺させてからタコ殴りにしたわけですが、隣のロスアンダーは見ているだけで何もしてきません。直後にロスアンダーも倒して経験値4650と最高のショートボウを入手した。

ちなみに麻痺しているときの攻撃は必中なので、そこそこ強い武器をもう1本バックに忍ばせておいて、麻痺後のタコ殴り時のみ二刀流で殴ると効率が良いです。

●「バルダーズ・ゲート西地区 - レディーズホール」

Baldur_2018_06_19_18_52_48_638adw.jpg
WISトーム

今回のキャラには必要ないものだが、習慣になっているから必ず来てしまいます。本来は大掛かりなクエストの過程で入手するものだ。

●「バルダーズ・ゲート北地区」

Baldur_2018_06_19_18_55_26_491dwa.jpg
通りすがりに

WISトームを不当に入手したことによって西地区の寺院が使えなくなったわけですが、バルダーズ・ゲート内で寺院を利用するのなら北地区のみになってしまった。

●「バルダーズ・ゲート北地区 - ラマジスの家」

Baldur_2018_06_19_18_58_54_983adw.jpg
INTのトーム

メイジ系はINT18と19では雲泥の差がありますから、これは必ず欲しくなる品だろう。BG1EEソロプレイ高速クリアができる人ならば、BG1EEランをしてマニュアルとトームを取ってからBG2EEにキャラ転送したほうが絶対にお得です。

●「バルダーズ・ゲート南西地区 - フレイミング・フィストの城」

Baldur_2018_06_19_19_04_53_529awd.jpg
一度中に入ってから会話をすると外に出てくれます

メインクエスト絡みの場所ですが、バルダーズ・ゲートに入ってすぐに進めることができます。その気なら第五章はものの数分で終えることも可能ですが、フレイミング・フィスト城に来る前に「バルダーズ・ゲート南地区のアイアンスロウン司令部」の建物に入っておく必要があります。それをしておかないと直後のエルタン大公との会話時に、キャンドルキープ関連の選択肢が表示されません。

●「バルダーズ・ゲート南西地区 - フレイミング・フィスト城の内部」

Baldur_2018_06_19_19_05_35_462ad.jpg
キャンドルキープへ移動すると第六章です

キャンドルキープには強制移動になりますが、再び帰ってきたときにはフレイミングフィスト兵士らが敵対状態になるので、六章に入る前にバルダーズ・ゲート内でやれることをやっておきたい。

●「キャンドルキープ地下墓地1」

Baldur_2018_06_19_19_12_44_475awd.jpg
これもWISトーム

地下墓地に入る前のキャンドルキープ中央図書館では、例のアイツとの会話以外全てすっ飛ばしで問題なし。この地下墓地にはWISトームとSTRが+1される念願の「マニュアル・オブ・エクササイズ」の2つがありますから、特にBG2EEにキャラ転送するのなら何が何でも入手して主人公キャラに使っておきたい。

Baldur_2018_06_19_19_16_41_832awd.jpg
STRのマニュアル・オブ・エクササイズ

この場所への通路には複数の罠が仕掛けられていて、ロックを解除して開けるときにも罠が作動するわけですが、こういうときこそ「ポーション・オブ・マジックブロッキング」の出番です。効果時間内に全て済ませれば全く怖くありません。

●「デューラッグの塔地上3階」

Baldur_2018_06_19_19_33_57_774ad.jpg
WISトームは合計3つ存在します

キャンドルキープを出たタイミングでついでにデューラッグの塔へ寄ってトームを取ることが多いのですが、これで全てのマニュアルとトームを取りました。難易度ノーマルでのソロプレイなら慣れると数時間程度で終えられるので、これらを全て使用した主人公をBG2EEに転送した方が若干有利になりますし、愛着の強さが違ってくるだろう。

●「バルダーズ・ゲート南地区 - アイアンスロウン司令部5階」

Baldur_2018_06_19_19_58_43_870awd.jpg
ハイドでここまで進めば戦闘は1回だけ

サレヴォクの女の1人のようですが、この場所はハイドからシサンドリアにバックスタブ→壁際に高速移動してハイド、この流れで何とか倒せるけれど、上手くやらないと魔法を食らって大変なことになります。今回は少しだけ苦戦してしまった。

●「バルダーズ・ゲート南西地区 - 酒場」

Baldur_2018_06_19_20_23_19_304wad.jpg
経験値3700で美味しい

フレイミング・フィストの城に行くついでに寄った宿で出現したNPCですが、ここでもスタンのダーツが効果的でした。

●「バルダーズ・ゲート南西地区 - フレイミング・フィストの城」

Baldur_2018_06_19_20_35_54_956awd.jpg
ソロでそのまま戦うと大苦戦必至

ドッペルゲンガー系はディスペルしてやるとヘイストなどが剥がれて対処しやすくなるのですが、今回は少量購入しておいたディスペルの矢で剥がしてやりました。このディスペルの矢こと「アロー・オブ・ディスペリング」は終盤に大活躍することになるから、シーフ系やウォリアー系で魔法が使えないタイプのソロプレイでは必需品だと思います。ディスペルの矢で剥がしてからは、少し距離をとってハイド、バックスタブ、この攻めだけであっさり倒すことができた。

●「バルダーズ・ゲート南地区 - 港湾事務所」

Baldur_2018_06_19_20_38_28_930ad.jpg
エルタン大公の身を安全な場所へ移す

これは必須なのかどうか微妙なところだが、経験値が美味しいから毎回ちゃんとここへ送り届けています。

●「バルダーズ・ゲート北東地区 - イルメイター寺院」

Baldur_2018_06_19_20_42_39_420awd.jpg
北地区から入らないとこの建物があるエリアに入れない

次のメインクエストの目的地はアンダーセラーになりますが、地下の下水道は複雑で憶えにくいから、この段階になったら画像の寺院に来るとそのまま自動で送り届けてくれます。



さて、次回はアンダーセラーのスリース&クリスティンコンビとの戦いから始まりますが、そのまま直行で最後まで行けそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター