シオとあやかしの森 - 武器のやり繰りが辛い

始めたばかりの頃は武器が余りまくりで「武器制作とかレシピとか適当でよくね?」と思っていたけれど、探索レベル4以降からは武器が足りなくなってきました。探索で毎回運良く適正レベルの武器が出るわけではないし、武器1つ作るだけでも素材の消費が痛い。さらに鍛冶技術も上げる必要があるから、考えて進行させていかないとショボ武器を使う羽目になってしまうのだ。



game010432a.jpg
オート治療は一癖あります

HP、空腹、乾きをワンクリックで満たしてくれるオート治療は非常に便利だけれど、HP回復で使うアイテムの順に問題があるようで、考えなしに使っていると「旅人の薬草」「聖なる薬草」などがぜんぜん貯まらない事態に陥ってしまう。

ここらは過去作「ラクノープリンセス」の動物への餌やりのように、専用の設定画面があれば安心できる仕様だったのだが、本作はちょっと気を使う必要があるようだ。

game010433a.jpg
瓶詰め苺ジャムをストックさせておく

他にも拠点時オート治療用の品が幾つかあるけれど、まず優先されるのは画像の瓶詰めいちごジャムのようで、このジャムのストックがあれば薬草類を勝手に使うことがなくなります。

同じく拠点での話だけれど、「今はメロウの湧き水を減らしたくない」という状態なら、手動でエノワールの水で喉を潤したりすればいいだろう。水と肉は手動で使えるけれど、ジャムなどの拠点専用はオート治療でしか使えないので、薬草が減らないようにしておきたい。
Last Modified :

Comments







非公開コメント