CRPGまにあ

シオとあやかしの森 - これで正常なのか

投稿日:2019/05/09 |  カテゴリー:シオとあやかしの森  |  コメント:0
game010441a.jpg
A、B、C、のスキルタイプ切り替えがある

スキルタイプも素材を使って開放していく本作ですが、AからBに切り替えてもAのパッシブ効果が残ったままになっているけれど、これで正常なんだろうか。もしも正常なら強化がだいぶ楽になるけれど、なんか胡散臭いような気がしてしまう。

game010442a.jpg
スキルタイプAでのHP、Food、Waterの数値

そしてフィルのスキルをタイプBに切り替えてみる
game010443a.jpg
まだ中途半端な状態

game010444a.jpg
数値に変化がない

すぐには切り替わらないのかと思って探索後に確認してみても変化はない。切り替えて裏にまわっても効果が出続けるのが正常な仕様だとしたら、「スキルタイプ」という名称にはならずに「スキル枠増加」とかになるだろうから、やっぱりおかしいのではないだろうか。

現状もまだ探索レベル4で悪戦苦闘している最中だけれど、本作のサポートメンバースキルで重要だと感じるのは

・武器劣化耐性(呼称が正確ではないかもしれない)
・状態異常回避
・罠回避
・偵察の鬼

当初はこれらのスキルは軽視しても問題なさそうだと踏んでいたけれど、そうではなくもの凄く重要だと思います。体力アップとか食料と水の最大値増加のスキルも便利だけれど、これらは強化や装備品でそこそこいい感じに上がっていくので、上に書いた4つのスキルを優先して取るほうが後々有利に働きそうです。

他にも「攻撃力上昇」「防御貫通」「命中率上昇」なども有用なスキルですから、メンバーに上手く配分してスキルを習得させておきたい。とは言うものの、数日前にも書いたが本作はどのスロットに何がくるのか、いつくるのか、これらがランダムですから、なかなか思うように育成できないのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター