CRPGまにあ

もう疲れたさ

投稿日:2009/09/27 |  カテゴリー:Dawn of Magic 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
ここ最近、ネットブック欲しい病やメインPCを強化したい欲に駆られ、ゲームの方は日に1~2時間程度しか遊べてなかったんですが、それでも少しずつDawn of Magic 2を進めていました。

恐らく最後の方まで来ていると思うんですが、このボスが倒せない。
強くて倒せないという事ではなく、このゲームは各ボスごとに簡単な仕掛けがあって、それを解かないと倒せないように出来ているんです。

dom2 09092a
逃走し続ける変なボス

クエストジャーナルから察するに、召喚されるVampireと、うろついている市民に何かキーがあるんでしょうが、それが分からない。考えられるあらゆる術を尽くしても、このボスはヘルスバー 0 のままただ走り回るだけ・・・

仮にこの辺りで終わりだとしたら、ボリューム的にかなり物足りないゲームだと思います。情報では上位難易度があるようで、そちらへ移行してからのボリュームも含めるといい感じかなと思える程度か。

このボスの倒し方が分かったら続きをしてみるつもりですが、上位難易度でやり込みはやらないだろうなあ。ゲームシステム、キャラクタービルドに関しても、初見~中盤辺りまでの印象はとても良好だったんですが、何と言うかこのゲームってHack and Slashと言うより、キャラクター育成システムの幅がとても広い、良く出来たアクションRPGという感想になるかも。

なかなかストーリー色が強く、マップが広めで物語の進展上、あちらこちらへ移動する事が多い。当初は無限湧きかと思った敵モンスターは、次々に湧く場所とそうでない場所もあって、ゲームを起動→ひたすら狩るだけ→満足したらアイテム整理をしてにんまりして終了させる、という遊び方には向かないゲームシステムだと思いました。



RPGというジャンルにくくり付けておけば良いものを、Hack and Slashとして何故別ジャンル扱いしているのかというと、これは私の「ねがい」でもあるんです。RPGというジャンルは今さら説明不要だと思いますが、Hack and Slashと分類したゲームには、ストーリーを読まずにすっ飛ばしても、キャラビルドだけでいつまでも遊べるほど奥深く、洗練されたシステムであって欲しいという、こんな願いからあえて分けているんです。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

ネタバレではありますが

写真の背景から察するに、Gurdianの2番目だとはおもいますが、

市民を攻撃する>BOSSが市民の血を吸う>BOSSの体力が回復、でBOSSの体力を全快すればクリア出来るようです。

難易度含めた繰り返しプレイのやり易さは良いのですが、いわゆる○○回しみたいに定点でひたすら狩り出来ないのは残念ですよねー。

no subject

なんと! 逆だったんですね…
目につくもの全て倒す事しか考えてませんでした。
その方法なら先に進めそうです。
情報をありがとうございました。

残念なところもあるけど、操作性が良好なところとか
古臭い感じはするけどインターフェイスも優秀で
なかなか良いゲームですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター