CRPGまにあ

RTSをちょこっとプレイ

投稿日:2009/06/21 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
mow20090621a.jpg
現場の生々しさが伝わってきます(画像はMen of War)

以前にセールで購入したWorld in ConflictとMen of Warを少しプレイしてみたんですが、両者の超序盤ミッションをプレイしてみると、私に合うのは明らかにMen of Warです。ロシアの1C Company発という事もあり、ちょっと作りが粗いけどユーザーに媚びていない尖がり具合が味わい深そうです。

実際にPC専用タイトルとして開発されているので、キー配置などを覚えるまでは大変だけど、覚えてしまえば全てに即アクセスできるPCならではのユーザインターフェイスが実にRTSらしく、これは最後までやりこんでやろうと思わせてくれるゲームです。

RTSながらキャラクターの装備を一部変更できたり、敵兵の死体からルートする概念もあるので、ちょっとだけRPGやFPSよりなのかもしれません。

数日前に話題に出したA Farewell to Dragonsも1C Companyから発売されるようで、他にちょっと気になるのはDawn of Magic 2とか、特にPlanet Alcatrazというタイトルは実に興味深いです。要するに「変てこりんなゲーム」だと思うんですが、北米地域のありきたりな型にはまった作品に飽き飽きしている人には、美味しそうに見えるはずです。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター