CRPGまにあ

Venetica

投稿日:2009/08/02 |  カテゴリー:Venetica  |  コメント:0  | トラックバック:0
ドイツ語圏は09年9月4日、ヨーロッパと北米版は10月4日なので、あと2ヶ月で英語版が発売のようです。ジャンルはアクションRPGですね。

オフィシャルサイトが刷新されていた

これがTPSだったりAssassin's Creedのようなアクションアドベンチャーぽいものなら、購入を考えるどころかこうやって紹介する事もしないだろうけど、調整が難しくなるHack and Slashのようなタレントシステムをあえて取り入れたゲームのようで、その真価を見てみたくなります。


スカーレットという名前らしい

3:23辺りからステータスやスキル画面が映りますが、Diablo 2やTitan Questよりのシステムに見えます。

とは言っても主人公は女性1名のみの固定なので、魔法系と近接系どっちもできるよ程度に捉えて、微妙に期待して待つくらいが丁度かもしれない。

09月24日 Divinity 2 - Ego Draconis
10月02日 Venetica
10月02日 Risen
10月20日 Dragon Age: Origins
Q3 2009 A Farewell to Dragons

Veneticaは購入しようと思う人は少なそうだけど、9月と10月に欲しいゲームが集中しそう。北米のゲームは5本中たった1本だけ。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター