CRPGまにあ

GOG.com: MIGHT AND MAGIC 6 Limited Edition

投稿日:2009/08/21 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
GOG.com: MIGHT AND MAGIC 6 Limited Edition売り場へリンク
まだComing Soon状態。MM1~MM6+Sword of Xeenが9.99ドル

マイトマは英語版だとセットになった品が何種類か売られているんですが、DOSでしか動かなかったり、後期マイトマでさえWin2000やXPだと支障が出たりするんですが、紹介するのはGOG.com品なので、WinXP & Vista (32 & 64 bit)対応です。※どのような手段でXP & Vista対応なのかは謎

そしてこの品はMM1~MM6までがセットになっているようです。
あまりこういう偉そうな事は言いたくないんですが、Might and Magic 6をプレイせずにCRPGは語れない!と断言できるほどCRPGの中では名作中の名作だと思います。

しかし英語版である事と、すでに10年も前という古いゲームなので、それを押し切ってでもプレイしてみようという新規ユーザーはまずいなさそう。ちなみに日本語版MM6は遠い昔に絶版品になっていて、オークションではプレミア価格になっています。


・私のMight and Magic歴

Might and Magic 1
PC8801FRでプレイ。ロードの遅さにダウン。そして子供には難解すぎ。

Might and Magic 2
PC8801FRでプレイ。ロードの遅さに…

Might and Magic 3
FM-TOWNSでプレイ。486SX+HDD搭載の最新鋭マシンで快適にクリア。
MM6、MM7と甲乙つけがたいほど良作でした。

Might and Magic 4
FM-TOWNSでプレイ。しかしサウンド関係に問題があり、むかむかきて途中で放棄

Might and Magic 5
MM4のむかむかが収まらず購入せず未プレイ

Might and Magic 6
Win98でプレイ。致命的なバグがいくつかあれど、我が人生でも屈指の傑作であり、最高のMight and Magic

Might and Magic 7
WinMEでプレイ。6よりこじんまりとしてしまったが、MMシリーズ中で純粋にCRPGとして最高傑作だと思う

Might and Magic 8
WinMEでプレイ。Might and Magicのコンシューマー化。
しかし、ここ最近の並CRPGよりは、十分に骨太かつ美しいサウンドの佳作。ラスボスとなる物の「概念」が衝撃的。

Might and Magic 9
Win2000でプレイ。最後のMight and Magicだったのに…ゲーム史に残るほどのバグ将軍。いや…ゲーム史に残れないほどのマイナーゲームとして幕を閉じた悲しい末路でした。

そして
Ubisoftに版権がいってしまい、さらに悲しい道を歩むMight and Magic

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター