CRPGまにあ

Startup Mediaでお買い物

投稿日:2009/08/30 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
できれば日本語でゲームがしたい。
でも、肌に合うのは欧米産のゲーム。というジレンマから逃れられない。

とは言うものの、日本語にローカライズされたゲームって、ある日突然サポートを打ち切られたり、発売してからまだ1年も経ってないのに、事業方針の変更などで急にパッケージ品の配給が止まり、買いたくても買えない事が多々ある。

さらに突っ込んでみると、海外産MMORPGが日本語にローカライズされ、日本のメーカーが運営していた作品をこれまで何作かプレイしてきましたが、EAのUltima Online以外、その終焉はとても惨たらしかったので、極めて印象が悪いものになってしまった。

このような場合、海外サーバーへ無料転送してくれるのがメーカー側の常道手段なんですが、「日本語でプレイできるから購入した。英語になるのなら止める」というプレイヤーなら、拡張パックなどを含むパッケージ代、それまでつぎ込んできたプレイ時間、などが一瞬にして台無しになってしまう。


今回購入したゲームはNeverwinter Nights Deluxe(約810円)を筆頭に5本ほど。本体+拡張2本セットの新品が810円という驚愕なお買い得感です。しかし、Neverwinter Nights 1は、発売日前後にデモ版をプレイしてイマイチしっくりこなかったから購入を見送っていたので、正直あまり期待していない。

前々回にタイトル名が出てきたCivilization 4なんですが、ちらっとStartup Mediaで価格を調べてみると

Civilization 3 Complete Collection: 3.04ポンド
Civilization 4 Complete: 7.75ポンド

日本語版を発売してくれるのはとても喜ばしい事なんですが、ここまで差があると一般市民としては「うーん」となってしまう。いずれにしても、UKショップからお買い物をするのはとてもお得ですね。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター