CRPGまにあ

信長の野望・天道デモ版と烈風伝

投稿日:2009/09/05 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
PC版は初期にいくつかのバグを内包していたり、後から高額なパワーアップキットを買わされること前提のようなものなんですが、時代が変わってもいまだに新作を作り続けてくれて、第一弾をPCに投入してくれるその心意気だけは評価してあげたい。

nobu1320090904a.jpg
デモ版で確認するからに、HUDが少し小さくなるが、1920x1200でも何とかプレイ可能。

信長シリーズとの出会いは、パソコンに触れ始めたごく初期でした。同じくPC88持ちだった友達が私の家に泊まりに来た時に、何やら小難しそうな物体を小脇に抱えていた。そして真夜中、親の目を盗んで子供2人がモニターの前に張り付き、コンピュータ上の国取りゲームに朝まで熱中した。その物体は、信長の野望・全国版だったのです。

つい先日コーエーベストwithパワーアップキットの信長の野望・烈風伝を購入したんですが、信長シリーズでは6作目の天翔記、8作目の烈風伝の評価が高く、次いで革新などが人気のようです。

これは烈風伝
nobu820090904a.jpg
タイトルからして苛烈なものを想像しそうだけど、シリーズ中でもおっとり型の信長かも

烈風伝は上級の長宗我部家で四国、九州、中国地方の一部を統一する辺りまでプレイしたんですが、海外のストラテジーと比較すると、やっぱり底の浅さがすぐに露呈してしまう。

しかし、烈風伝の魅力は難易度や合戦内容や全国統一などよりも、後を引くほどスルメのように楽しめる箱庭内政なんです。町などの施設の規模は3段階のみで、数値で表現される事もなくとても簡易なんですが、簡易だからこそ何度も何度も繰り返しストレス無くプレイできるシステムはなかなか秀逸。

自分好みの城下町を作ったり、烈風伝随一の道を引く事にこだわりを見出してプレイしたり、地味ではあるけど堅い作りの合戦で楽しんでも良し。

・信長シリーズをプレイしてみたいけどどれが良いか分からない
・プレイしてみたいけど1万円なんて払うのは嫌だ(烈風伝PK付きベストは3990円)
・あんまり激しいのは嫌だ。地味でも淡白でもいいから長く遊べて内政が楽しいのがいい

なんて人にはぴったりの信長の野望かもしれません。
1つ上の画像をクリックして見て頂ければ分かると思いますが、ウインドウで遊ぶ事が強制されるゲームなのに、これが功を奏して10年前という古いゲームがワイドモニターの恩恵に与れる状態になります。



なぜ信長の野望かと言うと、先日京都へ行ってきたんです。
京都へ行くと信長の野望をプレイしたくなるんですよ。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター