CRPGまにあ

Drakensang: The River of Timeのオフィシャルサイト

投稿日:2009/12/06 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
Englishコンテンツはまだ未整理状態のようですが、かなり出来上がっているようです。

Drakensang: The River of Time オフィシャルサイトへのリンク

リンク先はデフォルトのDeutschになっているので、右上のEnglishを押せば英語になります。オリジナルのドイツ語版はCollector's Editionも発表されていて、リンク先を見てみると、何やら付属品が多くてファンなら欲しくなってきますが、英語版で同じものが出るのかどうか、そこは不明です。

画像はDrakensang: The Dark Eye
drakensang 2009-03-17 23-05-28-56
悪しき企みに汚染されてなく、疑う余地のない真のPC RPG

いずれにしても、私にとってこれら欧州の純然たるPC RPGと、まだ発展途上だが北米ゲームの情けない動向に汚染されていないロシア産PC RPGなどは最後の助け舟だ。これらのメーカーから発売されるCRPGまで腑抜けになったときは、ゲーム好きを卒業するときか。



ここからの続きはXbox360とのマルチプラットフォームに関することへ繋がるので、また別の機会に。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター