CRPGまにあ

男の料理は健在: Risen Demoを遊ぶ

投稿日:2009/10/08 |  カテゴリー:Risen  |  コメント:0  | トラックバック:0
Piranha BytesのGothicといえば、連想するのは名も無きおじさんが焚き火の前に座り込み、野生動物を倒してむしり取った生肉をじゅーじゅー焼き、そして戦いの後、活力をつけるために焼いた肉をむさぼり食うワイルドな光景。Risenは「Gothic」というタイトルは付いていないものの、プレイフィーリングはまさにGothicそのものだと感じました。

Risen 2009-10-04 19-23-07-68
フライパンを入手する事が、超序盤のプチクエストになっている

今回のRisenは、Gothicシリーズ3作通して主役を張ったあのおじさんではなく、デモ版では何者なのか経歴がいまいち不明ですが、なかなか男前のお兄ちゃんが主役になっています。そういえば気にしてなかったが、名前が無いところだけ共通しているんだろうか。デモ版では名前が明らかにならなかったような。



RisenはXbox360とのマルチプラットフォームタイトルとして開発され、PCユーザーとして気になるのは、インターフェイス周りに手抜きがないか、無かったとしても純粋に作り込み自体どうなっているのか。製品版を長時間プレイした訳じゃないので、深く突っ込んだところまでは分からないけど、まず好感が持てたのは、コンテナ類にアクセスした直後のマウスカーソル位置。

Risen 2009-10-08 09-50-42-54
敵の死体、宝箱など、開くとカーソルが Take all に移動してくれる

かなり細かいところなんですけど、長旅になるのは見えてるわけで、こなす回数が多いこの部分の処理をおざなりにしていないのはとても喜ばしい。某ゲームなどはコンテナ類、ステータス画面など、開くたびにカーソルが勝手に画面中央に移動し、さらにはデフォルト仕様だとカーソルの動きがとても遅いゲームだったので、ここで激しいストレスを感じてしまった。Risenはその某ゲームとは真逆でよく出来ているし、長旅大好きなCRPGプレイヤーの心情を理解した作りだ。

そしてインベントリィ画面ですが、突き詰めて見てみると明らかにコンソール機とのマルチプラットフォーム仕様なんですが、それでも一目で入ってくる情報量が多め、そして操作性やマウスカーソルの動きなども素早く良好なので、結果、ストレスを感じないそこそこよく出来たインターフェイスです。

コンソール機とのマルチプラットフォームによって、インベントリィやステータス画面が不甲斐ない作りになっているゲームの特徴は

・PCの高解像度、広い画面を生かしきれていないこと
・アイテムの種類によって、やたらとタブで切り替えを迫られるような仕様
・アイコンが大きめで一定範囲に収まりきれず、マウスローラーぶるんぶるんを駆使するはめになるモノ

これはどんなゲームにも当てはまる事かもしれないけど、明らかにストレスを感じるような、顕著にそれが現れているゲームが稀にあるってことです。例えば、Oblivion、Star Wars: Knights of The Old Republicなどは、私はインターフェイスで嫌気がさしてしまった。



Gothicシリーズの特徴として挙げられるのは、戦術なんてそっちのけ、やるかやられるかの大激闘。製作しているPiranha Bytesのこだわりなのかもしれないけど、序盤に出てくる本来は超雑魚ともよべる野生動物が異常に強く、ちょっと気を抜くと死にまくるという、昨今よくあるクリア出来ることが大前提で、冒険心、戦闘での達成感などを忘れてしまっているゲームなどとは大違いなRisenです。

Risen 2009-10-08 09-57-59-73
とは言え戦闘が大味なのはGothic譲り。だが、大味だからこそ雑魚でも気が抜けない緊張感

今回のRisenは、ちょっと試した感覚では、ガードそしてワンツーまたガード。盾などでガードをがっちり決めてから1~2回斬りかかり、再度素早くガードを固める。この方法でけっこう安定して戦闘をこなす事ができるように感じた。

Gothic 3と明らかに序盤の敵が違うなと思えたところは、狼のくせにサイドステップを行ったり、こちらの攻撃を避けようとする。そこを先読みで攻撃をヒットさせるとなかなか気持ちいい。



Risen 2009-10-08 09-58-13-35
崖の上から。下方に同じ漂流者としての生き残りSaraが見えている。

Piranha BytesのGothicといえば、大味な戦闘、名も無きおじさん、などがまず頭に浮かぶかもしれないけど、私はPiranha BytesのGothicといえば、うっそうと蔽い茂る大森林です。この画像では森林が分かりにくいでしょうけど、Risenも森林にかける情熱は相当なものかも。描画的に重くなりがちな森林ですが、CRPGファンなら、森林で癒されることでしょう。



Risen 2009-10-08 10-32-36-37
デモ版は、とある事から知り合ったJanに、道案内してもらう場面で終了します。

このJanおじさん、気さくな人のようであっちこっちに走り回って「あっちに修道院だ」「あっちのほうにキャンプだ」と教えてくれます。面白いのはその最中に野生動物に襲われ、戦いの後、傷を癒すためにJanもポーションをぐいっと飲んでいた。この世界では戦闘後に、貪ったりぐいっといくのが基本。



とまあ1時間足らずで終了するデモ版でしたが、概要をつかむには十分なボリュームだと思います。すでにSteamなどではスコア表示されているようだけど、あんなスコアは気にすることはない。あまりこの言葉を口にしたくなかったが、あんなスコア北米産じゃなきゃ高得点にならないし、このご時世RPGってだけでマイナス5スタートかもしれない。

Piranha BytesやGothicファンの人たちは、すでに購入して遊び始めているんでしょうけど

・冒険とは男のものだ。女は後方で待っていろ
・薄汚い飯を食らって水を飲んで、サバイバルがしてみたい
・理不尽でもいいから手ごたえのある戦闘がしたい
・たまには狼や鳥に袋にされて、大地で野垂れ死んでみたい
・広大で緑豊かな美しい世界を散策したい
・システム側から指図されるんじゃなく、自分で世界を切り開いてみたい
・すぐに終わるものは嫌だ。ボリューム満点のCRPGがしてみたい

きりがないのでこれだけにしておくけど、女は後方で待っていろ以外は、CRPGとして申し分ない魅力的な要素です。確かに、我が国のゲームのような派手は演出はない、キャラクター育成システムはそこそこ深そうだけど、それでも良作Hack and Slashの足元にも及ばなさそう。でもそんな事はどうでもいい。そこで生きたい、そこで戦いたい、自分で世界を変えてみたい。デモ版のみでも、わくわくしてくるようなゲームだと思いました。



余談ですけど、RisenはSLI の効きがかなり良好なようです。SLI はインジケーターを表示させる事ができて、2枚目のビデオカードがどれだけ動いているかの目安になるんですが、Risenをプレイ中はインジケーターがMAX状態ばかりでした。解像度1920x1200、インゲームグラフィックオプションMAX、ドライバ側でAAx4。この設定でデモ版でFPSを気にしつつプレイしてみたんですが、最後までFPS 50をきる事はなかったです。

それと気になったのは、製品版はどうだか不明ですが、インゲームグラフィックオプションにアンチエイリアスの設定項目が無かったこと。そういう時は

80010.jpg
これはNVIDIAの場合ですけど、デスクトップ右クリからここで変更する

AAx4なりx2なり、お手持ちのGPU性能と相談して決めるとよいでしょう。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター