CRPGまにあ

Cleansing Brilliance Bronze MOD Distract

投稿日:2010/03/04 |  カテゴリー:Sacred 2: Ice & Blood  |  コメント:0  | トラックバック:0
前回から引き続きCleansing Brilliance(以下CB)ネタです。

CBはUndeadとT-Mutantに対してのCombat Artsなので、MODの効果もその二種族限定のものかとこれまで思っていたんですが、どうやら違うようです。SilverのPurityとCleanse、そしてGoldのEagerness、これらはダメージを増すものなので、その効果は先の二種族限定のものでしょうが、BronzeのBlindとGoldのIlluminate、この2つはとりあえず置いといて、今回とり上げるDistractのアタックスピード減少は、調べてみた限りでは全ての敵に対して効果がありました。

検証してみたんですが、その方法はBattle Stanceの近接攻撃反射ダメージを利用してみた。弱めの沼地ネズミの攻撃を延々と受け続け、連続でダメージを反射したときの、敵の頭上に表示されるダメージポイントの「間隔」、この間隔から敵の攻撃が遅くなっているかどうか、画像だけでBlogを見てくれている人たちが確認できますから。

sacred2 2010-03-04 08-06-22-86
現在の状態

Sacred Wikiから引用
Distract - Reduces opponents' attack speed within the area of effect. (20% + 0.2% per CA level decrease)

となると、上記画像のCAレベルは91.6なので、CB効果範囲の敵のAttack Speedを38.3%下げることになる。で、何度も言いますが、これまではこの効果もUndeadとT-Mutantの二種族限定だと思っていたわけです。

赤い四角内のダメージ値の間隔
sacred2 2010-03-04 06-24-10-52
Cleansing Brillianceを OFF 状態

こちらも赤い四角内のダメージ値の間隔に注意
sacred2 2010-03-04 06-24-28-11
Cleansing Brillianceを ON 状態

ちょいとさばを読んで40%減少として、この間隔から大体はその数値どおりの効果が出ているのが分かるはずです。敵のアタックスピードが遅くなれば、当たり前ですが被ダメージがそれだけ減るので、CBの効果範囲に入った敵の攻撃力を大幅に下げることになる。なので、CBというBuffは、リジェネレーションペナルティーが増すことになっても、普段から常用する価値が十分にあるCAだと思います。

しかし、ある一定の条件下ではそれが当てはまらない。

2月26日の盾ブロック
の事を書いた記事。Niob産の盾に高いShiled Lore値を実現し、Block chance: Close Combatが100%を超えた場合、Close Combatに対してはCBのDistractは全く意味を成さない。そして敵がUndeadやT-Mutant以外だった場合、ただリジェネペナルティーが増えているだけの状態になる。しかし、敵のRange Attackに依然有効なのは変わらない。

さらに、Battle Stanceにも付いているClose Combat反射ですが、この効果は敵の攻撃が速ければ速いほど反射ダメージが当たり前だが高くなる。なのでCBをONにしていると、この効果を殺すことになる。

もう一つ気になるのは、敵の動作を観察するからに、アタックスピードダウンというより、敵の動き自体がスローになっているので、もしかしてCombat Artsを使用するタイミングまで遅くなるのでは?と推測しているんですが、これを検証するのは難しい。

整理してみると
・VS Undead, VS T-Mutantには迷わずON
・VS BOSSは、リジェネペナルティーが増してしまってもONがいい
・Close Combat反射に頼らないキャラだと、常にONでもいい

こんな感じになりますか。
敵が使うCombat Artsのタイミングまで遅らせるのか、それは調べないとね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター