CRPGまにあ

レベル132から覚えるBattale Stance MOD

投稿日:2010/03/18 |  カテゴリー:Sacred 2: Ice & Blood  |  コメント:2  | トラックバック:0
沼地でCleansing Brillianceを使用するレベリングがいくら効率が良いとはいえ、2キャラ続けてレベル132にするのは、ちょいとばかり精神に異状をきたすんじゃないかと思えるほど辛かった。

sacred2 2010-03-18 00-03-06-15b
Concentrationが無いことに注目

さすがにBattale Stance MODをこのレベルまで取らずに育成する人はまず居ないだろう。今回のキャラはConcentration無しなので、必然的に使用できるBuffが1つだけになるんですが、ずっとCleansing Brillianceを常用する育成だったので、Battle Stanceは使いたくても使えなかった訳です。

このレベルまできて、Battale Stance Silver MODのリジェネレーションペナルティーを緩和させる働きのあるDrillが有ると無しで、Combat Arts Regeneにどれだけ違いが出るのか見てみましょうというのが今回のテーマです。

とは言え留意して欲しい点が
・ハイレベルとはいえLv132程度
・Concentrationが無いので、Drillの効果が過大に見えてしまう
・Soul HammerとPelting StrikesのRune ReadはMAXの200に到達していない

と言ったところでしょうか。

※以下画像は常にBattale Stanceをオンにしていて、MODを選択するごとに再度かけ直しています。

sacred2 2010-03-18 00-03-06-15
何も選択していない状態。ペナルティーは +71.9%

sacred2 2010-03-18 00-03-08-79

sacred2 2010-03-18 00-03-10-18

ちょっと話が逸れますが、Pelting StrikesのRegeneが7secにまで上昇している。今回のキャラはRegeneration per hitの効果を限りなく引き出して戦うビルドだから許されることなんですが、一般的なビルドとしては、すでにビルド失敗か、これでは使い物にならないだろうと思われる数値だ。

そして、Battale Stance MODを習得してみる。
ちなみにClosed Netからオフラインのシングルにエクスポートして試しています。

sacred2 2010-03-18 00-05-06-44
ガツンと下がった

sacred2 2010-03-18 00-05-09-03

sacred2 2010-03-18 00-05-10-07

と言った結果になったんですが、装備にExalted Warrior CAのRegenerationが短縮されるものが一切入ってないし、先述のConcentraion無しのキャラなので、Drillの効果が大きく見えてしまっている。もしもRegene短縮系アイテムが潤沢に入っているキャラなら、ここまでペナルティー +%は下がらないだろう。



・ついでに Chance to evade について

Battale StanceのSilverは、Buffペナルティーを緩和させるDrillと、回避率が上昇するFlexibility。今回のキャラは「いつかClose Combat Reflect 100%」という大きな目標があるのと、上記検証からDrillを選択するのも有りかなと思ったが、やはりFlexibilityにしておいた。

Chance to evadeって「Weapon Attackによる攻撃を回避する」という説明表記がされているんですが、その効果は単純にキャラクターの回避率に繋がるもので、これって近接攻撃だけなのか、或いは飛び道具系にもちゃんと適用されるのか、中途半端な知識では踏み切れないので、これも軽く検証してみました。恐らく飛び道具にも効くんだろうけど、まさか、ってことがあるしね。

検証内容はすっ飛ばして、結果的に
・飛び道具にも効果があります(弓に投擲、投石などにも)

要するに、いつか近接反射を100%にしたいと思っているキャラなので、近接攻撃に対しての回避は最終的に必要なくなる。となると、飛び道具に効果が有るのか無いのかいまいち不明なEvadeを選んで後々悔やまないか?というのを自分の中ではっきりさせておきたかったのです。

さらにもう一つ。
どの段階の仕様変更なのか分かりませんが、アイテムによる Chance to Evade の上昇にDiminishing Return(累積効果の逓減)が掛かるようになっていて、例えばChance to Evade +30%クラスの品を3つ4つ装備しても、Bonus Viewに表示される値は +55% 程度になったりする。

Battle StanceなどのBuffによる +% Chance to Evade はアイテムなどとは別扱いのようで、仮にBuffで+30%するのなら、Diminishing Returnが適用されているアイテムの数値とは別個にそのまま+30%が加算される。なので、Buffによる Chance to Evadeの上昇は、以前より重要性が増していると言えます。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

こんにちは
様々な検証データ参考にさせていただいています。
今Sさんの今回のセラフィムに似ているキャラを育成中です。
ただ片手銃でいこうと思ってるので盾持ちで、
Combat DisciplineがShield Loreになる予定です。
まだ62Lvですが。沼地でのレベリングは本当に効率がいいですね。
これまで亀島でレベリングしてましたが亀島はやや狭いので。
今回の記事も参考になりました。ありがとうございます。
私はDrillを選択したので飛び道具には気をつけねば。
お互いがんばりましょう。

No title

偶然にも同じようなキャラを育成中なんですか。
私も普段のレベリング時はピストル+盾のスタイルですけどね。

BS Modですけど、高レベルでのバランスですが、Drillを選択するとregene per hitを1箇所抜くことができるので、そこに他のものを入れられるから、どちらを選択しても何とかなりますね。

ここまでレンジ武器とCelestialのハイブリ使って思うのは
CA防御手段がなく、高レベルではアイテムで調整しなければならなかったり
弱点がけっこうあるんですが、使用していて面白いビルドです。

前回のハイエルフのように不都合に見舞われなければ
今回のキャラで最後まで押し通すつもりなので、お互いに頑張りましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター