CRPGまにあ

年末年始セール以降

投稿日:2010/03/23 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
もう買うのは控えようと思いつつも、お買い得なセール価格を見てしまうとやっぱりぽちってしまう私がいる。もうそろそろブログを始めて1年、そして、ダウンロード販売でゲームを買い始めて1年以上は経っているんですが、ちょっとここで考えてみよう。

ダウンロード販売で購入したゲームは数え切れない程だが、クリアまで到ったゲームとなると

・Dungeon Lords(これは以前から欲しかったゲームだったので、即プレイ即クリア)
・Dawn of Magic 2
・The Chosen: Well of Souls
・Torchlight
・Zeno Clash
・Obulis

恐らく購入したゲームの10%にも満たないクリア数なんじゃないか。そりゃそうだ、別に喉から手が出るほど欲しかったゲームじゃない、安すぎるから、とりあえず押さえておいたに過ぎない。

私の最も好きなゲームのジャンルは、ゲームの中でもプレイ時間が掛かりがちになるRPG。セールで購入して、その中には偶然にも肌に合うゲームが含まれていて楽しめることがあるのかもしれないけど、やっぱり理想は、それなりに作り込まれたPC RPGの日本語版(欧州とロシア産のみPC RPGを名乗る資格がある)が、数ヶ月に1本でもいいからリリースされて、骨の髄までそのゲームを堪能してみたい。それが本当の願いだが、いまだ暗雲は垂れ込めたままだ。



1月上旬にセールでThe Witcher、Trine、などを購入してからは

まずはSteam
・Zombie Bowl-O-Rama
・Men of War
・Men of War: Red Tide
・Company of Heroes
・Company of Heroes: Opposing Fronts
・Company of Heroes: Tales of Valor
・Psychonauts
・X-COMの5本セット
・Freedom Force
・Freedom Force vs. the 3rd Reich
・Mount & Blade
・Spellforce: Platinum Edition
・Spellforce 2: Gold Edition
・Star Wolves 3: Civil War(Star WolvesとStar Wolves 2が付いてきた)
・Deus Ex: Game of the Year Edition
・EverQuest1の拡張15本込みのを何故か購入(250円なら記念にと)

Direct2Drive
・Fort Zombie
・Europa Universalis Rome Gold

GamersGate
・Condemned - Criminal Origins
・Neverwinter Nights 2 Gold
・Planet Alcatraz

GOGとImpulseは無し。
これだけ買っても12000円くらいじゃないだろうか。
20年ほど前に、一度は満開になりかけたPCゲーム市場の土壌を頑なに守ってさえいれば、これらの作品を、この価格で普通に日本語で遊べていたかもしれない。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、そしてその隣に「日本語」の文字が、対応言語に当たり前のように刻まれていたことだろう。

しかしあれだ、1C物はKing's Bountyなどの、元はアメリカ生まれだったよという血統でもない限り、発売直後に買うと損をするね。楽しみにしているが、今のところ数時間しかプレイしていない A Farewell to Dragons はSteamで15ドル(半額)セールになって、GamersGateで5ドルセールも行われていたようだ。Planet Alcatrazも1ヶ月ほど前に5ドルで販売されていたようで、また今回5ドルセールで投売りされている。Star Wolves 3は勢いで30ドルで購入したが、5ドルセールになるのは時間の問題だろう。

DTP Entertaiment
Deep Silver

この二社には珠玉のRPGが多く、今後まだまだ成長してきそうな。
日本人はほんと損をしている。だが仕方ない、自分達で蒔いた悪しき種により、いまつけが回ってきているのだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター