CRPGまにあ

Drakensang: Phileasson’s Secret

投稿日:2010/03/28 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
こちらと
こちらを

見てみると、Phileasson's SecretはDrakensang: The River of Timeの拡張で、The River of Time本体が必要になるようです。The River of Timeは、本国German Versionはすでにリリースされていますが、English Versionは今のところ未定で、拡張のPhileasson's SecrectはGerman Versionが2010年8月31日にリリース予定のようだ。

しかしながら、日本語版どころかドイツゲームが世界向けの英語にローカライズされて、それを待ち望まねばならないというこの趣味。誰も悪くないとは言え、時たま無性に寂しくなることがある。音声なんてドイツ語のままでいいので、手間を省いてテキストのみ英語にし、素早くリリースしてくれる方が日本人としては好都合なんだが、PCゲーム市場を好き放題荒らしている某国がそれでは認めないんだろう。

ふと思うのは、Drakensangシリーズや、数日前に記事にしたAvernum 6など、こういう正統派で良質なゲームの日本語版こそPC RPGファンが望んでいるものなのに、多くの日本人は触れる機会もなく時が過ぎてしまうのが残念だ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター