CRPGまにあ

Planet Alcatraz 見え隠れする実体

投稿日:2010/04/21 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
PlanetAlcatraz 2010-04-19 15-40-42-04
こんな人を眺めてみたり

PlanetAlcatraz 2010-04-19 15-46-19-20
えっちな事をしてみたり

PlanetAlcatraz 2010-04-21 11-57-00-99
またまたトイレでスリを働いたり

PlanetAlcatraz 2010-04-19 16-10-10-76
たまにはしょぼくれてみたり

Planet AlcatrazはNPCたちの仕草やモーションなどがなかなか凝っていまして、それらを観察するのが楽しい。しかしまあ、立ちションをここまでリアルに表現してくれたゲームはこれが初だな。民家に侵入したときに、壁に向かって用を足しているNPCが目に入った時は特に笑えます。

PlanetAlcatraz 2010-04-19 15-43-34-96
ここはどうやっても勝てない。いや、勝負以前の問題だ

産業地区から逃走後は Northern city という地域でうろうろしていまして、基本的に「掏り」「空き巣」「換金」「サブクエスト」など、書いていると私の人格まで疑われそうな内容だが、これらの繰り返しで経験値やお金を稼いでいた。

それにしても、さすがにこの「掏りとEXPのバランス」これは戴けないレベルだ。後述しますが Northern City のマーケットに入り、とあるNPCと会話をして話を進展させると、やっとこのゲームのエンジンに火が入ってくるんだが、そこまで掏りに空き巣などをせずにストレートに進めた場合、キャラクターレベルはかなり低くなるだろうと思われる。現在レベル31なんですが、もしも悪い事をせずに直でマーケット入りした場合、キャラレベルは10そこそこなんじゃないだろうか。

PlanetAlcatraz 2010-04-19 16-04-49-96
街中でテロリストマスクを被った瞬間、街を監視している兵に滅殺される図

サブクエストなんですが、マーケット入りするまでに数箇所ほどBoar君1人ではとても手に負えない山場があった。文明の利器作戦など一切通用しないほどの力の差で、いずれメンバーが集まったら雪辱戦をせねばなるまい。

Northern Cityに入るときに1人のホームレスと会話をしていて、とある人物に取り入るパスワードを教えてもらっていた。そのパスワードでマーケットに居る Blacky という人物と対面できるようになり、ここからやっと普通のRPGっぽくなってきました。Blackyという人物から当面行うミッションや、この辺りの情報について聞く事ができる。

PlanetAlcatraz 2010-04-21 10-44-53-32
その段階で Planet MAP を見ることができるようになる

マーケットには様々なショップNPCが点在していて、アイテムなどもこの辺からやっとまともな物が購入できるようになるんだが、問題は「このゲームの物価は狂っている。高い!」ってことで、掏りと空き巣で懐豊か気分なBoar君でもとても買えないものばかり。

PlanetAlcatraz 2010-04-21 11-48-43-81
アイテムの種類はかなり多い

銃器類はミスが少なく威力も高めなんだが、銃弾の管理が必要になるのと、仲間にもヒットしてしまうから立ち位置調整が適当では済まされないバランスで、ここは評価が高まるポイントだ。この点に関しては表裏一体で、敵も同じ仕様を背負い込んでいるので、対面している敵と銃器類を装備している敵の位置を直線上にすれば※1、こちらにとって有利になる。近接攻撃は難点は少ないけど、外れることも多く、威力が低い。

※1
どの位置にいても敵1と敵2は直線上の配置になるから、これは意味不明な文章でした。
銃器類を装備している敵1と自キャラの間に、敵2が入るような位置取りを心がける、ですね。


ちなみにBoar君が愛用予定の帝国仕様の特殊武器は、ここまで一切登場していない。
なので、スキルを配分できずに困っているんです。

さて。いまだ仲間1人とも合流できていないんだが、さすがにその時期も近いだろう。
3人の名前は分かっているんだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター