CRPGまにあ

駿河屋

投稿日:2010/04/27 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
駿河屋といえば新旧問わぬ潤沢な中古ソフトの在庫なんですが、下手に最安値を探して1~2本ずつ通販するよりも、駿河屋でまとめて買えば、3千円からは送料無料なのでかなりお安くなります。全般的に中古ソフトの価格は最安値よりほんのちょっと高いが、選り取りみどりな在庫は見ているだけでも楽しくなってきます。

ゲームは新品で購入する方がメーカーにもユーザーにとっても健全であり、後の市場が活性化することに繋がるんだが、絶版品だとそうも言ってられない。今現在、特にPS1のソフトが最も投売り価格状態で安く買えるでしょう。

今回の話の要旨は中古ソフトのことではないんですが、現在、駿河屋は新品PCゲームソフト最大30%オフ中のようで、発売したばかりのエルヴン・レガシーや価格改定版クルセイダーキングス デウス ウルトなども含まれているから他で購入するよりちょっと得です。

駿河屋のページへリンク

他に面白そうなのは福袋かな。どれか購入してみよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター